14   グルメ地域別総合案内へ
◆ 柳橋食堂  福岡県福岡市中央区春吉1-1-10  柳橋連合市場内 
 TEL92-761-1811  11時〜15時半 日祝日(休) P無し

特上海鮮丼1400円
市場の中にある吉田鮮魚店が店の2階でやってる。お手ごろ価格でボリューム満点しかもおいしい物が食える。
海鮮丼はその日仕入れた魚の刺身がズケにされてご飯の上にてんこ盛り。この日はかんぱち、マグロ、鯛、スズキ、イカ、サーモンがのってた。その刺身の種類も凄いが量もびっくり。ご飯の上に刺身が何重にも重なってる。そして魚の身が二切れ入った味噌汁と漬物付き。旬の新鮮な美味しい魚が色々食べれてこれで650円は嬉しい。でも大盛り(750円)を頼んだ人のを見たらもっと凄かった。しまった。たった100円違いでエライ円違いだ。今度は大盛りを頼もうっと。他にも刺身定食とか鮨とか穴子丼とかもあった。気になるなあ。この店12時から13時までは近くのサラリーマンでいっぱいだからちょっと時間をずらして行った方がいい。

海鮮丼 650円

サバの煮付け

天ぷら

昼真っから飲むのもいい。
◆ レックスのスパゲッティ  新宮店 福岡県糟屋郡新宮町大字三代890  092-962-2332
 天神店 福岡市中央区天神1丁目9-17-B1F  092-712-9154
新宮で長年営業している老舗スパゲッティー屋さん。人気が高じて、大分前になるけど、福岡の中心でありグルメ激戦区の天神にまで出店し、成功している。
この店の売りは生めんのパスタでその味は絶品。
『かつおのたたき 自家製和風(醤油ベース)ソースで』 850円
自家製麺がモチモチしていて歯応えもあり、なにより美味しい。薬味にローストガーリック、みょうが、しそがトッピングされていて、それがゴロゴロと大振りのかつおのたたきに凄くよく合い、さっぱりと食べられる。夏限定のメニュー。ランチタイムはサラダがサービスで付いてくる。
◆ とき里  佐賀県伊万里市立花町3760‐1  0955-20-4500
伊万里にある、とんかつとうどんそばのちょっとハイクラスの店。上品な店で、定食屋と比べるとちょっと値段が張るが、それだけの価値がある。
とりあえずカツとうどん両方が食べれるという事でカツどんセットを注文。カツは、揚げ方云々より、肉が最上級ののもの。口の中でとろけるような、ふんわり柔らかい豚をカツにしてある。う〜んもったいない。ステーキで食べたいほどだ。カツどんって味もつけるし、ごまかしがきくと思って安い肉を使っている事がおおい。まあそういうカツどん、それはそれでうまいんだけど、これはちょっと違う。すごいカツどんだ。味付けも甘辛さもほどよくほんのりとダシがきいて最強。
うどんソバはダシが強烈に効いて、濃厚なカツオだし。ついついズルズルと飲んでしまう。麺もよくできていて、うどんは透明感あるつるつる感が特徴の麺。カツどんとの相性もすばらしい。
土日はお店に入りきれないほどのお客さんが訪れる。それも納得の超高品質だ。
あ、そうそう。この店オーダーしたら料理が出てくるまでにお漬物が出てくる。これがまた最高で、うちのおばあちゃんが昔作ってくれていたような床漬け。臭みが強烈で最高。平日だったらおかわりできるから食いまくりたいな〜。

カツどんセット940円
◆ 洞門パティオ  大分県中津市本耶馬溪町樋田180番地 0979-52-2250 
 11:00〜17:00
ランチバイキング1,250円
地元の食材を使ったバイキングのお店。田舎料理だけじゃなくて洋食などもあって多彩でおもしろい。地元のものだからもちろん旬のものだし、新鮮さも全然ちがう。そして材質だけじゃなくて料理人の腕もいいので最高だ。あれこれ全部食べただけで超おなか一杯。これはすごい店を発見してしまった。
ついつい食べてしまうカレー。これまた材料にこだわっているらしく、地元の雑穀米と一緒に食べるともう最高だ。
ランチする場所が少ない耶馬溪にあって貴重な存在だ。
◆ Oishi  熊本県菊池市野間口1119‐1 0968‐25-2012
 11:00〜14:30 18:00〜23:00 火曜定休
豚のしょうが焼き定食790円
2007年オープンの新しいおしゃれなレストラン。親戚が七城町で養豚場を営んでいるらしく、自慢の豚を使用した料理がならぶ。材料の仕入れがいいから贅沢に厚切りにしてあって、この値段でうれしい。味も自身があるだけあってうまい。口当たりがすごい。口の中に旨みが残る。さらにこの店の料理人がセンスがいいので益々いい。お得なランチはココで決まりだ。 
ポークカツレツ定食890円
柔らかくてほんのり甘い豚を薄い衣で包み、チーズとデミグラスソースで味付け。あ〜思い出したらよだれが出る〜。超おいしかった。お徳だ、ここのランチ。
◆ 城島の家庭料理 〜筑後側の川の幸〜
筑後川下流域は有明海の満ち引きの影響を強く受ける。有明海は潟の海でどろどろしているが、それが満ち潮とともに上流に上がってくる。
それで独特の魚や生き物が住んでいるが、左のさかなもそのひとつでフナの一種。この地方ではこういう川魚を食べる。
しょうがをぴりっと利かせた佃煮系で、独特の味わいがいい。酒どころ城島の酒を一緒に。でも私はこの日運転手だったので飲めなかった・・・・。悲しい。
◆ 銀のさら    
特上寿司2200円
宅配寿司の大手、銀のさら。全国各地に営業所を持ち、さっとお届け寿司の定番。最近出前をしない店が増えてきている反面、宅配に特化したこういう店も出てきている。
このみせチェーン店の出前すしと侮ってはいけない。結構ねたがでかくてうまくて、ボリュームもあっていい感じ。究極ではないが、手軽に家庭にいながらにしえてすしが味わえるのはうれしいことだ。街中あちこちで配達している銀のさらの車両を見かける。
◆ からあげ花ちゃん   大分県国東市武蔵町古市115-1  0978-69-0019

とりもも250円
若鶏ぶつ切り160円
手羽先160円
軟骨・スナズリ150円
国東方面の国道からちょっと入ったところにある、小さなから揚げやさん。中津のから揚げが中でも有名だが、大分はこういったから揚げやさんが多い。どこもリーズナブルで旨いんだけど、ここは特にすごい。ももなんかちょうどよく表面に焼きが入って、中はふわふわじんわりとろとろ。この辺もケンタッキー進出できないかも。だって安くて旨いもん。
店内に今まで何十万人?か来店したって貼ってあったが、それうなずける。
←ごちゃ混ぜで写真撮った。運転しながら食いまくり。ハンドルが鶏の脂でキラキラ輝いた。
◆ 夢咲茶屋  大分県国東市国東町小原2712-1 0978-72-2390

田舎のおばちゃんたちが店を切り盛りしているので、レジとかいろいろ捌けないのが難点だが、まあそこまで含めてスローフード。のんびり行こうや。
夢咲カレー420円(サラダ付)
地域の物産を販売しているお店の食堂。材料は現地の農家が丹精込めて作ったものなので材料は間違いない。そして自分たちの作ったものだから、安く提供できる。この夢咲カレーは肉を一切使わず地元の野菜や豆などを使用して作っている。肉を使っていないとは思えない旨さと、農産具材の甘さ。やさしくていい味わいになっている。しかもサラダまでついてこの価格。絶対立ち寄って食べるべきだ。
◆ 豊国畜産  大分県中津市
本当に見ただけでは単なる肉屋さん。でもそこにフライヤーがあり、中津名物から揚げを出している。中津といえばから揚げ。世界で数少ないケンタッキーでさえ進出できない地。駅の周辺にたくさんのから揚げやさんがあるがここもその一つだ。だけどここはどちらかというと肉屋さんで豊後牛が一番の自慢みたいだった。
さて、から揚げだが100g150円とかで食べれるので左の写真で300円!信じられない値段だ。それでいてうまい。写真は手前が手羽元でおくがセセリ(首の肉)。セセリはぷりぷりクニクニの究極食感。陣割とうまみがにじむ。困る困る。ビールが必要だ〜。
骨付きも噛み付くとじゅわーっと油が流れ出してきて、絶品だ。もうから揚げなんかほかで食べれない。
そういえばこの店、ショーケースにとんかつとか色々あって、すきなのとって揚げてもらえる。なんていい店だ。近所の人らしいお婆さんが、とんかつ一枚注文して、かって帰ってた。その年でとんかつ!絶対長生きだ。中津の人こんなうまいフライを食べてたらながいきしそうだ。中年はメタボになりそうだ。
グルメ地域別総合案内へ