18   グルメ地域別総合案内へ
◆ 神戸らんぷ亭  全国
業界5位くらいの牛丼チェーン店。他店に比べて味付けがややあっさりな気がする。まあとは言ってもそんなに大きく変わるわけじゃないけど。
卵とじの牛丼は結構がっつりくるから朝から気合が入る。
右の写真は東京水道橋店。神田川を望める素敵な席がある。
◆ ハライコソーセージ  東京都千代田区飯田橋1-7-10山京別館2F  03-3237-0821 (代)

北ドイツの製法のソーセージを作る会社。関東圏の百貨店なんかで手に入る。ここのソーセージすごくうまい。
ぷりっとした皮の中に酸味と香りが効いた肉がたっぷり。ぷるんとしていて食感も味も最高。
◆ リバーワイルド  福岡県うきは市吉井町 0943-75-5150
 11:00〜18:00 定休 月・火
筑後川の河川敷で養豚場を営んでいて、そこがソーセージやハムを作っている。材料は紛れもなく自分のところの豚。なんかの世界大会でここのベーコンかなんかが優勝したという、腕も一流。肉質よくて、それらが香ばしくなっていて、すばらしい。それをここはどこ?っていうほどおしゃれな店内で食べる。
値段もお手ごろだから、ちょっとおやつに立ち寄るのにすごくいい。
でも本当に河川敷の森の中にあるから、どこにあるやらまったくわからない。
◆ オステリアウーヴァ  

 記事準備中
 

 記事準備中
◆ 桑田精肉店  北九州市八幡西区香月
1990年代に残念ながら閉店してしまったお肉屋さん。そこはニワトリを生きたまま仕入れてきて、朝さばいて出品するという徹底した朝引き鶏の肉屋さん。牛も和牛専門。いろいろこだわりを持っていた肉屋、そこで作られるコロッケは絶品だった。
肉やだから上質のひき肉がタップリ入っている。じゃがいももホコホコしていてすばらしい。
もう食べられないのが残念だ。
◆ たかせ  山口県下関市豊浦

元祖瓦そば1050円
明治10年、西南戦争のときに、薩摩軍の兵士が瓦を使って野菜なんかを焼いて食事を作っていた。それをヒントに創業者高瀬慎一が開発した。焼けた瓦でそばがパリパリとした食感になってすごくうまい。ポン酢につけて食べる。
あと、この辺うなぎ料理も有名みたいで、この店のうなめしを食べてみた。これがすごくうまい。瓦そばよりこっちのほうがうまいかも。肉厚でぷりぷりのうなぎの蒲焼とご飯をもりもり食べる。ある程度食べたら、わさび入れて、だしじるを掛けてお茶漬けみたいにして食べる。う〜ん最高。この店大人気だから並ばないと入れないほどだ。覚悟していこう。

うなめし1370円
◆ 木原商店

 記事準備中
◆ いまり  佐賀県伊万里市新天町460-8 0955-22-9666
伊万里の何でもある定食屋。こういうところってどれも中途半端なことが多いがこの店はいけてる。どれもおいしい。手抜きなし。
まず珍しかったのが青螺そば。沖縄のソーキソバのような雰囲気のものだが、すっごくうまい。平たくて縮れた麺がすっきり肉の味わいが溶け出したスープによく絡む。ラーメンみたいなうどんみたいな変わった食べ物だけど、これはいける。
また、この店定食類が充実していて、色々食べれて、家族で行くときなんかすごくいい。年齢層も広くカバー、飲むのにもいける。
青螺そば
青螺そば定食787円

カキフライ定食820円
◆ 三崎おみやげスーパー  愛媛県
愛媛名物じゃこてん。佐多岬の先端にある港町三崎のお土産コンビニみたいなところでじゃこ天が売っている。しかもちゃんとそこで作ったものであったかいものが一枚から買える。魚の香りが口に広がりたまらんな。
◆ マクドナルド  世界各地
日本におけるファストフードの大御所。だれでも一度は食べたことあるハンバーガーショップ。
私が好きなのはフィレオフィッシュ。さくさくの中に何かよく分からない白身魚によくわからないマヨネーズみたいなものがかかっている。
そうそう。20世紀末、私がインドに行った時、当時のインドにおいてマックは高級店だった。お店の入り口にドアマンが入るほどだ。カレーが30円くらいで食えるのに、マックのセットメニューが250円位する、本当の高級店だったんだけど、そこで作られたフィレオフィッシュが超おいしかった。揚げたて焼きたて、手のかけ方が違う。
その後日本のマックも多少待たせてもなるべく造りたて出すようになってよくなったけどね。時間がたったマックは食えないからな〜。
グルメ地域別総合案内へ