2 グルメ地域別総合案内へ 
◆ 江戸屋 
 山口県長門市仙崎新屋敷町1087-46  0837-26-2335  営業時間:11:00-20:00 定休日:水曜日 

長門の仙崎漁港の近くにある江戸屋というソバや。
寿司からちゃんぽんから、何でもある店。こういう店はだめな店が多いのだが、ここは結構うまい。そばは手打ちのそば。
でもやっぱり山口はわかめおにぎり。これは食べなくちゃ(写真左)。


カレー丼セット。蕎麦屋のカレーというのはうわさに聞いていたけど、これだな。カレーをだし汁でわって、片栗か何かでとろみを付けたもの。中に生卵をわり、混ぜてさらにコクを出す。すごくいい。このメニューを真似て私の自炊レパートリーにしてる。
◆ カプリチョーザ 全国各地
サーモンクリームパスタ
筑波センターのカプリチョーザ。どこにでもあるチェーン店。筑波センターあんまり食べるところがないからためしに行ってみた。
ところが意外に結構旨かった。
バイトが適当に作っていると思ったら結構ちゃんとした物が出てきた。
今度福岡でも行ってみようと思った。
◆ もち焼き煎餅 大分県日田市
豆田の風情たっぷりの宿場町で食べれる焼き立ての煎餅。ノリモ生地もパリパリで香ばしくてうまい。
◆ 吉野家  全国各地
牛丼でおなじみの吉野家。狂牛病からは豚丼でがんばっている。スタンダードな味でしばらくするとまた食べたくなる。左は豚丼に卵とキムチをトッピング。朝食もある。豚と鮭と納豆とよりどりみどりがうれしい。
右下は伝統の牛丼だ。
築地市場にある吉野家。明治時代1899年に魚河岸で牛丼を出したのが始まりなので、元祖吉野家として知られている。当時の魚河岸と言えば日本橋だったからここは実際には元祖とはいえないけど、今でも築地の市場内に小さな店を出店しているのが素敵だな。
豚生姜焼き定食500円

しょうが焼きとたっぷりキャベツ、そしてたっぷりご飯。濃い味付けのしょうが焼きでキャベツとご飯がスイスイ食べれる。

ビーフカレー
◆みゆき蒲鉾本舗  長崎県雲仙市国見町土黒甲44−14
多比良港の前にある練り物やさん。出来立てあつあつの練り物を食べる事が出来る。ふんだんに試食を出してくれて、食べているうちについつい買ってしまう。おちゃも出してくれるので、ドライブの休憩に最適。また、フェリーの時間待ちのときにも最適。
◆ 地鶏屋 とりこ   宮崎県都城市今町9071-3  0986-39-5878 その他多店舗

都城で人気の地鶏屋さん。愛想も売る気もないどうしようもない接客をする店。でも安くてうまい。そしてその無愛想さは他の店舗でも同様で、サービスが標準化されている(笑)。ISO9001が取れそうだ。
そして、だんだんその無愛想が面白くなってきた。いや、むしろ購入に際しては売込みではなく、品質で、お客さんが心から買いたいと思ったときだけ買ってくださいと言うことかもしれない。そうだとすればかなり良心的な売り方だ。うざい販売員よりよっぽどいい。


←とりこのたたき。相当うまい。半生なので肉質のよさがよくわかる。歯ごたえも絶品。これで500円はすごい。

↑←とりこの地鶏焼きコリコリ。これで500円安い。味も絶品
歯ごたえと噛み締めて出てくる旨みといい最高。さっきの「頑固親父的女子高生バイト店員」のサービスを思い出して笑いながらいただきました。

◆ 道の駅弥五郎 鹿児島県曽於市大隅町岩川5718番地1  0994-82-0080

蜂の巣入りの蜂蜜。べたべた。本当に甘い。ツーんと香りが強い。
別腹に入れようと思ったけど、別に日常的におやつで食べに行くような物ではないからこっちに入れた。弥五郎の道の駅で試食した。試食が得意。というより買う勇気がなかった。

←イチゴ。噛むと切り口が黄色い。練乳が入っているイチゴって感じで、ものすごく甘い。

→東筑軒とレイアウトが一緒だけど、鳥の部分がスライス肉。味がしみてうまい。九州の鶏は世界に誇れるな、と思った。


◆ 道の駅財部 鹿児島県曽於市財部町南俣17番地1 0986-28-5666
ラーメン風チャーシューおこわ

チャーシュー麺のようなコクの深さを持つおにぎり。
まろやかで広がりある味わいが最高。
◆ ブルuno 鹿児島県   
宇野さんがやっているからブルuno。超絶景、崖の上の一軒家レストラン。もうロケーションだけで最高。そこで食べるイタリアン。そして薪でやく石釜パン。もちもちして噛むほどに味わい深いパン。料理も手を抜かず本格派。
最高の店だ。
◆ 山寿司  福岡県福岡市東区馬出5丁目19-11  092-651-9216

山寿司。箱崎の住宅街に。ランチがなんと760円でこの握りと好きな巻物と茶碗蒸し。超お得。にぎりはもちろん職人が握った上等品。

巻物も10種以上ある中から選べる。これはアナゴ巻きを選んだ。アナゴも肉厚で手を抜いてない。

店内は民家の座敷といった感じ。落ち着く。
◆ 葉わさびしょうゆ漬け

@
とある会合で、葉わさびのしょうゆ漬けの実演をやっていた。
@葉わさびをボールに入れる
A80度のお湯をかける。
Bわさびの茎が透明になったら(結構すぐ)氷水につける
C切ってビンにいれ、タレをいれふって出来上がり
葉っぱの段階でまったく辛くない。写真撮り忘れたみたいだけど、最後はその葉をビンにいれ、醤油などのタレをいれ、振る。すると辛さが出てくる。ビンのふたを開け、顔を突っ込むとわさびを食べたときと同じ、ツーんとした刺激が鼻に抜け、涙が出ると共にむせる。

A

B

C
◆ 佐賀牛の生ハム
佐賀牛を使った生ハム。これも上記と同じ会合、持ち寄りのパーティーで佐賀の人が持ってきた。

噛み締めるほどに上質の和牛独特の甘味と深い旨みが鼻に抜ける。
◆ 柳川うなぎ 
うなぎでおなじみの柳川の人が持ってきた。これも上記パーティーで。

昨日火の国で炭火焼のうまいうなぎを食ったが、あっさり負けてしまった。
これふんわりしていて、なのにきゅっとした腰があってうまかった。
◆ いづも 明石焼き  兵庫県明石市うおんたな入り口
明石焼の店。魚の棚のちかく。まさに本場の明石焼。
地元では玉子焼きとかたこ焼きとか言う。
ふわっとしたたこ焼きを和風のだし汁につけて食べる。
これが意外にビールに合う。
◆ 淡路島カツカレー

淡路牛、淡路のたまねぎを使ったというカツカレー。結構おいしかった。
また、このレストランはオーシャンビューになっていて雰囲気もよい。

淡路島、ドライブとしては面白かった。

◆ いりこ君 山口県岩国市廿木645  ポンフーズ田中
いりこをプレスして乾燥させたもの。
何がすごいかって、とにかく単なるいりこ。ほかに変なものも繋ぎも何も入れてない。いりこをおばちゃんが丁寧にプレスして焼き上げているだけ。でもそれで香ばしく歯ごたえよく、味わい深いものが仕上がっている。すごいな。これは。
◆ LAMP ランプ   福岡県東区多々良
多々良のランプ。物心ついたころから不思議なレストランだなと思いつつ、行った事はなかったランプ。いつも車がいっぱい入ってたが、外食する事も経済的に苦しかった子ども時代、行く事ができなかった店。やっと自分で稼ぐようになっていく事ができた。そうしたら、別にお高い店ではなく、わずか500円でモーニング。ちゃんと作ったベーコン目玉焼きとサラダ、パン、そしてコーヒー。コーヒーはサイフォンで入れる。カップはロイヤルドルトンの美しいカップ。
なんか優雅な朝のひと時を過ごすことができた。
↑モーニング
500円
ハンバーグ700円
手作りのハンバーグは自慢のものと言っていたが、本当にすごい。ふわふわの食感がたまらない。あっさりとした和風ソースがいい感じ
         
チキンステーキ700円
かなり言い焼き加減のステーキ。ほんのり甘いソースがすごくいい感じ。この店単なる喫茶店かと思ったらレストランとしてもかなりいけてるな。食後にコーヒーを楽しみ、のんびりとすごそう。
◆ 千両  福岡県北九州市門司区JR門司駅ビル

門司駅ビルにあるレタス巻き。ボリュームたっぷり。シャリには酢が強く利いている。門司を通りかかるとついつい寄ってしまう、門司隋一のファーストフード。

◆ カレー路 福岡県宗像市


赤間駅前でカレー手作り30年って書いてあるカレーの店路。なんかいろいろなものがどろどろに溶けてとってもやわらかいカレー。まろやかなやつが好きな人にはたまらないカレーだと思う。
好き嫌いの分かれるカレーではあるけどそれだけ個性的。

さらにこの店は定食系もいろいろとある。だからカレーだけじゃなくて定食も含めてランチタイムは大人気。

しょうが焼きは甘辛がほどよく、しょうがが強く効いていて、キリッとした味わいが特徴のいい味。しかも豚肉もいい肉を使っていると思う。これは旨い。これをつまみに飲みたくなる。
この店ボリュームがすごい。ご飯も味噌汁もサラダもおかずも。
値段は少々高いように思うがこのうまさでボリュームなら納得だ。

唐揚げとミニカレーのセット→
おおい、多すぎる。カレーもミニとか言いながら結構入ってるし、唐揚げも大量。すごいなこれ。超お得だ。
◆ taj タージ  福岡県大川市

前菜。鶏とポテトサラダとキャベツの和え物。

インド料理好きの間ではかなり有名な店、タージ。用水路が張り巡らせられた大川市の風情ある場所にある。
値段はリーズナブルで本格的なインド料理が食べれるのが魅力だ。
また、ランチはさらにお徳で、前菜とナンかライス、カレー一品、フリードリンクがついて、いくらやったっけ?忘れたけど1,000円くらい。
福岡のインド料理ではココが最高じゃないかと思う。

ナスとピーマンと挽肉のマイルドなカレー。トマト風味でサッパリ。

激辛。ピリっとだけではなくて複雑なスパイスのハーモニーが絶妙。

ふんわりもっちり焼けたナンはカレーを引き立てる。
◆ 川茸  福岡県朝倉市甘木

わかめときゅうりと酢の物に。
海藻と川藻のコラボだ。
川で取れる海苔(のり)。・・・・それってコケじゃん?って思ったけど食べてみるとノリやね。あ、逆か。漢字で書いたら海のコケって書いて海苔だから、ノリのほうが海のコケで、こっちが本家コケか。まあ同じものか。ん?コケは食べんな。頭が混乱してきた。
難しく考えず、これは川の海苔だ。食感はぬるっとしていて、香りがふんわりやさしい。栄養も豊富らしい。しかもこれが取れるところって言うのはほとんどないらしく希少価値も高い。
コンニャクに溶かして。
◆ 古処鶏 水炊き  福岡県朝倉市甘木
甘木秋月の辺りに古処山という山がある。その周辺で育てた地鶏。
甘味があり深みある味わい。
まちの駅全国大会のメニューで出てきた。相当うまい。
この旨みを蓄えた白菜がまた絶品。
もし飲み屋だったら雑炊にしたかった。
◆ 朝倉物産館 豆腐  福岡県朝倉市甘木

記事準備中
◆ あじろや   広島県広島市

駅ビルの中にあるテイクアウト専門のすし屋さん。べつにグルメを求めて行ったわけではないが、電車降りて小腹が減ってたのでなにか食べようと思ってのぞいてみた。そしたら見つけたこのアナゴ。
ものすごい肉厚でふんわふわ。しかも値段もお手ごろ。
さすが瀬戸内海、アナゴが名物
グルメ地域別総合案内へ