4  グルメ地域別総合案内へ
◆ 蛸吉  福岡県福津市在自1475−1 0940−52−2888
 平日11:00〜21:00 日祭日〜20:00

ニラ焼きミックス 550円
*大体500円前後でボリュームたっぷり!!
津屋崎の495沿いにある店。目立つ店じゃないので気がつかず通り過ごしてしまう。狭い店内にはカウンターが何席かと座敷が二テーブル程度。お好み焼きはかなり野菜がかなりたっぷり入って、しっとりフワフワ旨い。そして値段もかなり手ごろで最高。生ビールとお好み焼きと楽しもう。ただ飲むにしては交通の便が悪すぎるので飲まない友達に頼んでいくべし。
◆ ほっかほか亭  各地

徳弁当
ホカベンとよく言うがその語源となっているのがこのほっかほか亭だ。セントラルキッチンはあるが、各店舗で調理する事で熱々を実現。また、米にこだわっていると豪語しているだけあって、確かにご飯が旨い。プレナス(ホカベンやめしや丼、やよい軒を経営している会社)全体が米に力を入れている。そういえば私が中学生の頃あった米騒動の時、残された国産米を買い占めてたな。さすがこだわり。

特ノリたる

天丼
ほっかほっか亭→ほっともっと
フランチャイズ契約上のなんかの問題でほっかほっか亭の本部とプレナスがもめて、プレナスはほっかほか亭のブランド名を使えなくなってしまった。それで独自で「ほっともっと」っていう弁当屋さんをすることとなった。その時の切り替える瞬間。ほっともっとの看板の上にホカベンのシールが貼ってある感じ。「ほっかほか亭」の使用期限が終わったらびりっと剥ぐんだろうね。
◆道の駅桃山天下市  佐賀県唐津市鎮西町
サザエ飯365円
道の駅にあったサザエ飯。サザエがパラぱらっと入っていて、ボリュームあってたったの365円。超お得だ。
サザエって海の味覚の代表だけど、私はこうやて煮込んだものが一番好きだ。肉をかじっても味が染みて旨いし、ご飯自体の旨み・香りが格段に増す。すばらしい。
◆ ジャイネパール  千葉県幕張
ビュッフェランチA 1050円
海浜幕張のニュータウン、住宅地の中にあるネパール料理の店。夜はいろいろなネパール料理が出るといっていたが、昼はカレーを中心としたバイキング料理。この値段で色々食べれてコーヒーまでついてお徳だ。味も本格的。スパイシーでマイルドな味わいが絶品。

ジャガイモ炒め物

ネパール風揚げパン
このふんわりが最高。程よい甘味がある。あげて膨らんで中が空洞になっているのですごいフワフワ。

チキンカレー

珍しい豆腐のカレー

豆カレー。インドでよく食べたなー

食べ放題

外にはリクシャーが飾ってある。

ネパールティーはチャイのような味で独特な香りがいい感じ。
◆ 鮨 鉄砲洲  03-3553-710

うなぎ・穴子丼 830円
(ランチ)


にぎり一人前 800円
八丁堀の駅からしばらく歩いて、オフィスなんかがある地味なとおりの一角にすし屋を発見。なんか店構えを見てピンと来たので入ってみた。
この店とんでもなく旨い店だった。うなぎ穴子丼、どんぶりからはみ出るほどのうなぎと穴子がてんこ盛り。鰻とあなごの共宴。旬のつゆあなご、あぶらのっててふわとろ。江戸前の寿司職人が煮たから上品で味付けがいいし、柔らかく煮すぎて箸で持ったら崩れる。米の炊き加減も絶妙。それに巨大な味噌汁がついて840円!江戸前あなどれん。
◆ オリジン弁当  各地
関東ではおなじみオリジン弁当。この元はこれまたおなじみ安い中華の店「東秀」に始まる。1966年のことだ。その後1980年代に弁当を始め、今のオリジン弁当として1994年に一号店ができた。へ〜。当たり前に使っていたオリジン、私が大学にいた1990年代後半、昔からあるかと思っていたら、結構最近だったんだな。今はジャスコで同じみイオンの子会社になったようだ。安くて旨いそして食材量り売り、やっぱりたまに食べると旨いな〜。んで、仙川かどっかに、オリジンの定食屋みたいなのがあって(ごはんお替わり自由だった)、そこにもよく行ってたんだけどまだやってるかな?
とりあえず九州の人間としては東秀の九州進出を願う。弁当はプレナスが強いから厳しいかもね。
のりロース弁当399円
ごはんにおかか、ノリを乗せてある。おかずは甘味のあるタレでしっかり焼いた豚ロースと竹の子など。安いのに結構ボリュームあっていい感じ。しかもカロリーとかがしっかり表示してある。
オリジンの特徴としては既製の弁当だけではなく、惣菜のバイキングも行っているということ。好きなものを集めて食べまくろう。コンビニの弁当と違ってすごくおいしいから学生の頃重宝していた。

カツ丼
◆ おきよ食堂  福岡市中央区長浜

朝食630円
長浜の鮮魚市場の鮮魚会館内にある食堂。ココは超早朝からあいていることもあり、朝食で使うもよし、居酒屋として使うもよし。ひとついえるのは魚市場の中にあるから新鮮な魚が超リーズナブルであると言う事。見て、このアラ炊き朝食。これがわずか630円。タイの頭がガボッと。旨い味噌汁と小鉢、豆腐、大盛りご飯がついてこの値段。すごい。魚に対して舌が肥えてる鮮魚市場の人たちをうならせる味だ。

ぜいたく巻き 700円
これすごい。中に鯛・ブリ・アジ・サーモン・マグロなど様々な切れ端が満載。朝からこれを食うと胸焼けするほどだ。これだけの巻物がたったの700円超お徳だ。
朝食630円 この日は刺身。
◆ しはらcurry cafe  福岡市博多区馬出
 サクサクとしたカツがのったカツカレー。カレーはスパイスが複雑に複雑に絡み、うまい。ランチが特にお徳で、980円でカレーとサラダとコーヒーがつく。
福岡県庁のまん前にあるので昼時は県の職員で混みあう。
この店はまちの駅をやっている。
◆ つばきの館  山口県萩市

越ヶ浜漁港婦人部がやっている食堂。さすが漁協の婦人部と言うだけあって出てくる魚は新鮮で値段も良心的だ。昼時はかなり混み合う。
この日はサザエ飯とアジ等の刺身の定食だった。またうどん定食のおにぎりはこの辺の名物わかめ飯。わかめ飯はわかめを乾燥させただけのものをまぶしたものでわかめの香りと独特のエグミが最高だ。
◆ 浜勝  各地
長崎の浜の町発祥のとんかつ屋さん。今では九州のみならず関東にjも進出している。サクサク揚げたてがたべらる。豚や鶏の品もいい。私が好きなのはひき肉にチーズを入れて揚げた「オランダかつ」が大好きだ。ご飯とキャベツが食べ放題と言うのがいいな。
長崎の本店

定食についてる漬物食べ放題。
これがまた旨い。
◆ 弘のわかめ  福岡市東区志賀島
志賀島の南側弘の名産であるわかめ。博多湾の入り口のところで潮の流れが速く、よいワカメができるらしい。

天然と養殖が売っている。このワカメを手に入れるには、港にあるコンビにみたいな売店で売っている。旬は春だから5月くらいに。買いに行こう
◆ 都寿司  福岡県中間市

中間の寿司屋。法事の時とかの仕出しがすごくおいしい。
まず刺身がすごく新鮮。これだけで大満足。そんなんだから寿司はもちろんおいしいし、また惣菜も旬のものを使用していて、よく出来ている。ボリュームもすごくて普通は絶対完食できないほどの量だ。
写真のセットは茶碗蒸しまでついて3,000円というのはリーズナブルだと思う。
◆ ヤギシタハム  福岡県北九州市八幡西区
第一次世界大戦で日本軍の捕虜となったドイツ兵が日本にハムの製法を伝えた。ドイツに帰国せず、ハムの製造法を伝えたローマイヤーに習った八木下俊三が1928年に創業したのがヤギシタハムだ。一時期全国展開し、かなり繁栄したが一回つぶれちゃったらしい。今も復活したみたいで販売しているが、九州かネットでしか買えない。
その中でも特に名物は硬いサラミ。硬い。中途半端な硬さじゃない。しっかりとした歯ごたえを楽しみながらかみしめるとにじみ出てくる程よい酸味と肉の旨み。そして中に埋め込まれた湖沼がピリッとして絶品。
その他ハムやソーセージも旨い。

特選ヤキブタ
◆ べんとうのヒライ  福岡各地

24時間開いていて、弁当や飲料が買える。惣菜の量り売りや色々あって、コンビニからすると選択肢が広い。しかも店内で食べる事ができるので、持ち帰るなりその場で食べるなり、まったく好き放題だ。
うどんはセルフで店に入ったら自分で茹でて、自分で出しを注ぎ、食べる。おもしろい。そして、丼物はすべて超ボリューム。腹いっぱいになってしまう。

ハバネロカレー
◆ 蒟蒻ギャラリー  糟屋郡篠栗町

篠栗の幹線道路沿いに、コンニャク作りを体験できる工房がある。ココではマンナンライフの蒟蒻畑というこんにゃくゼリーを開発してぼろ儲けした(自称)大将がコンニャク作り指導してくれ、作る事ができる。
そこではじめて知った事。コンニャクの黒ってコンニャク芋が黒いかと思った。だって見た目泥だらけで黒いから。でも本当は違う。コンニャクイモは白っぽくて、そこにヒジキの粉末を混ぜ込むからあの黒色。
手作りのコンニャクはなぜ旨いか。手でじっくり混ぜて空気がしっかり入るから味が染みるんだと。実際コンニャクには味がないからね。でも実際わさび醤油を付けて刺身風に食べてすごくおいしい。

この粉に水を入れて混ぜる。

ひじきの粉末も入れて混ぜ混ぜ。
あ!ほとんど水じゃん。だから
カロリー低いんだ。これじゃ腹が
膨れないんじゃない?

  どろっと固まってくる。

固まったやつを好きな形に練って
どぼんと沸騰したお湯へ。

出来上がり。

大将が指導してくれる。
◆ 松柏園ホテル  北九州市小倉北区

牛フィレステーキフォアグラ添え

サンレーグループのホテル。サンレーといえば葬式でおなじみの紫雲閣という印象が強かったが結婚式もやっている。
このホテルの食事はなかなかいい。魚もいいものが出てくるし、洋食も結構こっていていい。

カニの天ぷら

ロブスター

タイの活き作り
◆ ハロー  朝食有! 福岡市中央区港鮮魚会館内
 居酒屋に 福岡市東区唐原

朝定食 650円
すごいボリューム。この日はチキン
南蛮みたいなやつだった。
低価格でボリュームがあって旨い定食屋。和のものもあるが洋食系に優れている。エビフライとかハンバーグとか。箱崎と九産大前は大学生に、長浜の鮮魚会館内は魚市場系の人に。ハローが好きそうなお客さんのいるところの出店している。鮮魚会館は場所がら、朝から開いているので朝食にぴったり。長浜屋台とかで午前様のときの〆というか朝食にもぴったり。

味は、もちろんいい。揚げ物もハンバーグも色々あるが、全部おいしい。ちゃんと作っているので待たされるけどおいしい。

長浜とんこつカレー 450円

豚骨カレーはすごくマイルドなカレー。酸味が強くて他にはない味だ。朝食べるカレーとして一押し。

なす味噌とチキンカツオーロラソース
730円

ガーリックハンバーグとチキンステーキ定食 
890円

モヤシのガーリックソース

250円
基本的に定食利用のお客さんが多いが、居酒屋としても活用できる。ビールも焼酎もあるので、定食を単品にして(定食の100円引き)飲もう。ただ私みたいなおっちゃんにはちょっと料理が脂っこくてボリュームが多いのであんまり飲めない。さくっと食って軽く飲んで帰るときに適したお店だと思う。あ、学生だったらがつがつ食ってガブガブ飲んでいいかもね。
◆ 万里  福岡市中央区鮮魚会館内
朝から夜中まで魚市場関係の人たちを中心ににぎわう中華定食居酒屋。鮮魚会館内にあるので刺身や焼き魚も合ったりしてすごく多彩な中華居酒屋だ。ココは場所柄朝から開いているので朝食で利用できる。
この朝食もしょうが焼きと味噌汁とサラダとご飯の定食。かなりのボリュームで値段も手ごろ。味もかなりよく、最高の朝食スポットを見つけてしまった。網ひとつ特筆すべきはこの日の朝食の付け合せ。手前に白いものが乗っているがこれはイカのマヨネーズ和え。しかもこのイカ、さっき水揚げされたと思われる超新鮮なイカ。歯ごたえを見ればわかる。朝からすごい贅沢だ。
坦々麺
鮮魚会館の中にあり、朝から夜中までにぎわう定食居酒屋。
坦々麺はこの店でたぶん売りなのだと思うが、外にも中にもかなり宣伝してある。これは食べてみなければならないと思った。
味は、びっくりするほどおいしかった。坦々麺特有の辛みとまろやかさそして甘味がかなりいいバランスで出ている。お手ごろでよくできた坦々麺だと思う。

ちゃんぽん
ちゃんぽんは豚骨の臭みが強烈に出たガツンとくるあじ。これはかなりうまい!
◆ ひまわり  山口県萩市見島

山口県の萩沖の島、「見島」にあるレストラン。というよりスナックに近い雰囲気。多分夜はスナックなんだろう。ここのカレーが旨い。しっかり煮込まれて材料何が入っているのかわからないくらい煮込まれて、その旨みがすごい。
グルメ地域別総合案内へ