1  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ なかよ  福岡県古賀市千鳥2丁目9-17 092-944-1312  
千鳥にある居酒屋。魚貝に強く、お勧めメニューは新鮮な魚に珍味に、飽きの来ない店。


刺身 5点盛り
1550円が水曜日だから半額。品質は最高。サーモンはトロトロだし、淡白であるはずの鯛がまったり濃厚な味わいで最高。
魚屋さんだから、福岡で水揚げされない魚も高品質 →

さんまの刺身


ヤリイカマコ
イカヤリイカ卵。透明なのがタマゴで、白いのが卵巣とかそういう類のもの。限られた時期にちょこっとしか取れないのでかなりレア物。
タマゴはプチプチとぬたっとした食感。白い部分はふんわりしていて柔らかく、独特に香りと旨みがする。



イカ口 (大将がサービスでくれた)

イカの口。中はコリコリしていてその周りに歯ごたえのしっかりした身がついている。イカそのもの旨みが凝縮している感じ。

クモコ天ぷら
タラの白子を天ぷらにしてある。トロトロの白子をフワフワの衣が包んでいてすごくジューシー


鯛の皮せんべい
ぱりぱりとした食感と磯の香りが絶品

サーモンステーキ
まったりこってり相当旨い。食いすぎたら即太りそう。

山芋鉄板
オーブンでじっくり焼き上げるなかよの山鉄は究極の味わい。

玄ちゃん鯵
やっぱり宗像方面で鯵食うなら玄ちゃん鯵。宗像の名産だ。

うなぎ蒲焼
土用丑の日だから食べた肉厚のうなぎ。すごいボリューム

なかよサラダ
魚につよいなかよだから出来る魚てんこ盛りのサラダ。

なかよグラタンになかよチャーハン。
この店で飲んで終わりあたりには是で〆ていこう。

なかよグラタン

なかよチャーハン
◆ アフリカフェ  福岡県宗像市栄町12-19(赤間駅南口ロータリーです) 0940-38-9344
赤間駅前のおしゃれな無国籍料理屋。いろいろなものが食べられるので、飽きがきにくい。


稲庭うどん

独特の細めんが特徴のうどん。クニクニとした歯ごたえが絶品。

飲んだ後の〆に最適。満腹のときでもサクサク食べてしまうのでダイエットの大敵となる魔性のメニュー。


桜海老のかき揚げ

サクサクとしたうまみが最高。しかもココのやつは高温で揚げているようで脂っこくなくてサッパリしている。


ピリからから揚げ

タイの食卓にあるあの甘辛たれで炒めたような味。

宗像でこれだけ本格的なアジアンを食べれるというのがうれしい。


パイグラタン


ピリからひき肉サラダ
タイ風でちょっと懐かしい味

生春巻き
しっとりとした生地はどこでもそうだが、その中にぎっしりとエビや野菜が詰まっていてうまい。
◆ チャグチャグ馬っ子  福岡市東区馬出2丁目1-10  092-632-3211
                       営業時間:17:30〜23:30 定休日:土曜・日曜・祝日
福岡ではあんまり食べた事ない、きりたんぽの店。
メニューも豊富で値段もそこそこ。ちゃぐちゃぐ馬っ子というのは、東北地方の祭で100等ほどの馬を引いて神社まで行進するというものだ。たぶんそこから名前を取ったんだと思う。

きりたんぽ

甘辛いたれをかけたきりたんぽ。私はここで初めてきりたんぽを食べた。てっきりちくわみたいなのかと思っていたら、焼きおにぎりを串に刺したみたいな食べ物だった。香ばしくてうまい。
きりたんぽ鍋

すっきり味の醤油スープ。
きりたんぽが入っているのでしめまでオッケー。しかもきりたんぽの米はスープに溶けていきにくいのでスープがどろどろにならなくていい。
◆ 坂之上の雲  春日市春日7−61 092-589-6787  
 肉・魚・ソバ、全てが究極。サービスも価格もよし。究極の居酒屋。


タコ刺し
このタコ、まだ生きている。ぐにゃぐにゃバタバタ。歯ごたえしっかりで噛むと甘みが広がる。口に吸盤が引っ付く。
踊るたこわさ
たこわさが動くってすごいよ。それで安価。こりこりとあっさりした旨みが最高。

ささみしぎ焼き。炭火で炙ったレアのささみにわさび醤油を付けていただく。甘みと旨みが究極の一品。
肉厚でフワフワ、噛み締めるとじゅわっと肉汁が出てくる。

串物も最高。本格的な炭火焼。

山芋鉄板

新じゃがのチーズフォンデュ
苦味が程よい新じゃがに溶けたチーズをつけて。

焼き物なんでもうまい。
手羽先も香ばしくてまったりしてる。

焼きおにぎり、これ相当出ててた。大人気メニュー。風土の室蘭風焼きおにぎりみたいにバターが乗ってた。
梅雨穴子の白焼き
穴子は梅雨の時期が旬だ。脂がのって旨い。肉厚でぷりっぷり。
塩振ってさっと焼き上げるというだけでうまい。これぞ旬だ。
たまねぎチーズグラタン
どでかいたまねぎを鉄板に乗せチーズを乗せてグラタン風に焼き上げる。程よく火が通った玉ネギから出る甘味が癖になる。
モモ焼き
これすごい。薩摩の赤鳥をチルドで仕入れている。品質・鮮度共に最高なので、どんと鉄板に乗せて油を注いでぼっと炎をあげると出来上がり。表面はこんがり、中は完全なる生。そこで生まれる生の甘味と香ばしさのハーモニー。究極。
◆ バーミヤン  全国
低価格中華の革命児。安価であるにもかかわらず、旬の素材が生かされていたりして、びっくりする。
だから、メニューは一定していない。季節で変る。ちなみにすかいらーく系列。


ウコッケイスープ

鳥のダシがしっかり出ていてうまい。

飲んだしめに、腹にたまらずすっきりできていい。


忘れた。

青菜炒め

強火で短時間で炒めたってよくわかるしゃきっとした食感が絶品。
餃子 180円
バーミヤンの餃子は表面パリパリ中ジューシー。それは当たり前だが、焼くときに使う油が少ない。だから、胸焼けしない。餃子の旨みをゆっくり味わう事ができる。バイトが焼いているのに、侮れん。
◆ 福一  福岡県糟屋郡宇美町宇美4510-27 092-931-0551
            17:00〜3:00 定休 毎月2回火曜日  
新鮮な素材と素朴な家庭的創作料理。


ひきとおし

福一であった壱岐の郷土料理。ねぎと豚肉を甘辛いたれで焼いて食べる。水は入れないが、タレと、野菜からの水分で鍋みたいになる。野菜と肉の旨みがにじみ出てきている鍋。
水炊き
博多の名物と言われている水炊き。福一は素材がいい。鶏肉もうまいのか。水炊きは変に手を加えないので、素材の味が大きなウェイトを占める。素材に自身ありって感じだな。本当にうまい鍋は雑炊にしたら真価がわかる。
← 赤ナマコは歯ごたえばっちり。水槽に生きているやつが入っていてそれを切ってくれる。新鮮さ抜群。

→福一の馬レバー。コリコリとした歯ごたえと口の中でとろける香りが最高。なんか元気が出てくる。
福一のモツ炒め。福一の看板メニューといえる。まろやかなたれと絶妙な炒め具合。まさに絶品。
◆ 福岡市役所  〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8番1号 代表電話:092-711-4111
う〜む、典型的社食・・・・・

とある会合が福岡市役所の上階の食堂であった。こんなところで夜のめるんだ。ちゃんとビールが出てきた。異動とかのときに市の職員が飲み会することがあるらしい。ラストオーダー19時・・・。早すぎる。
メニューは、こんな遅い時間に行くから乾き物みたいになっているが、なんかそれもまたよい。
*福岡市の職員が飲酒運転で死亡事故を起こした後ぐらいからこの食堂で飲めなくなった(職員談)
◆ 久山ラーメン(通称ヒサラー)  福岡県糟屋郡久山町大字久原2634-1  092-976-1910
久山にある飲処ラーメンやの名店。ラーメン・ちゃんぽん、色々うまい。 
居酒屋メニューも確かな腕で、値段ボリュームともに最高


アスパラベーコン炒め

ハカラーの一押しメニュー。香り高いアスパラをベーコンとともに強火でシャキっと炒めただけのメニュー。
これだけアスパラのうまさを最大限に引き出したメニューはない。シンプルなだけに腕のよさを感じる。素材にもこだわっていて、春の採れたてしか使わないため、春だけの限定メニューというのがにくい。


とんそく

ヒサラーのお勧めメニューのひとつ。表面はぱりっと焼き、中はとん足らしくトロトロコラーゲンの食感。そのバランスが絶品。

でもたまに表面をパリパリにしようとしすぎて焦してしまう事がある。ぞういうときは「あちゃー」って顔をして焦げの部分をごりごり削る。かわいい。


焼き飯

ヒサラーの強火炒めはココにも生きている。さっといためるからぱらぱらで旨い焼き飯ができる。超火力のチャーハン、こういう田舎のラーメン屋で、ここまで腕のいい人が完璧なまでのメニューを出すのは珍しい。最近は若いお兄ちゃんが汗だくになっていためている。
さらっと食べれてしまうのでしめにもオッケー
ヒサラーはラーメンもおいしい   ラーメンはコチラへ
◆ あばれん坊   福岡県福岡市東区若宮5丁目1-7-1F  092-681-7836
焼き鳥や鳥のズリサシなどが相当うまい。しかも安い。
串物がうまいが、バラが一番うまい。
居酒屋地域別総合案内へ