134  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ 八乃州  福岡市早良区曙 1-11-1 092-831-8333
 
西新のはずれの住宅地にひっそりたたずむ居酒屋。上質な料理をお手ごろ価格で味わえるとともに、おいしいお酒を色々と揃えている素敵なお店。九州の食材を集め、九州の料理を出してくる。店内に入ると素敵な照明でおちつくカウンターとテーブル二つ。小さな店。大将の目が行き届くのが良さなのかもしらない。最初に食べたサバ。さっぱりとした酸味でサバの旨さが分かる。コロッケは甘みがあって旨みたっぷり。2個490円だったけど、3個にしてもらった。こういう融通が利くのもいいな。

しめ鯖刺身890円(五島)

ソラマメ390円(鹿児島産)

黒豚コロッケ490円+1個(鹿児島)

いわし味噌

酒の肴に最適な鰯味噌。魚の旨みが入ったみそで、きゅうりをつけてうまい。そしてこの味噌が日本酒に良くあう。たまらないな。

天草大王たたき800円
←究極の旨さ、鶏のたたき。肉自体が旨いのと焼き加減が最高。濃厚さも固さも本当に程よい。すばらしいタタキだ。

豚足も上質。値段の割りにちょっとボリュームにかけるかな。

六白黒豚豚足600円

クリームチーズわさび醤油490円(小国)
←コレが又いい感じさっぱり味のクリームチーズ。塩辛くない。こんなつまみが色々あるのがいいな。
さらに凄いのがこれ。→
一人前から注文できる唐泊(西区)のはまぐり。あっさりとした味だけど旨みはしっかり。はまぐりって本当に旨いな。素材の味を生かしてる。

はまぐり酒蒸し鍋1,200円(唐泊)
天草大王博多水炊き1,500円
これも一人前から注文できるのが嬉しいな。白濁したスープにたっぷりの野菜。ほんのり甘いダシが最高。これをぐつぐつ言わせて、その後、雑炊で〆る。

この店上質な店にしてはエライ値段が安い。とてもいい店だ。超お勧め。又行きたい。あ、日本酒とかもうちょっと安い酒も用意してくれると私は嬉しいな。

雑炊300円
◆ 鯉の巣
  〜鯉とりまーしゃん〜
 支店 久留米市田主丸町田主丸619-2  0943-72-3659
 

うな丼1,400円(肝吸付き)
「鯉とりまーしゃんと」は上村政雄さんという魚取りの名人。筑後川にもぐってはいろんな川魚を取ったと言う。そんな人が、戦後すぐ位に開業した川魚専門の料理屋さんが鯉の巣だ。私は建物がより古い支店に行った。お店に入ったとたん川のにおいがした。すごい。これは嫌いな人は駄目かも。
この店、値段的に見ると安くはないけど、使われているものが天然の川魚だからこんなものだろうと思う。まず最初に食べたのがうな丼。しっかりとした歯ごたえのうなぎ。溶ける感じじゃなくてぷりっとしている。あっさりタレで旨さが引き立つ。ご飯がすすむ。そしてそれに付いてくるお吸い物、うなぎの肝が入ってこれまたいい感じ。手作りのきゅうりと高菜の漬物もしっかり発酵していてうまい。
鯉定食1,700円〜1,900円
次は鯉定食。これは鯉のあらいと鮎の塩焼き、鯉こく、漬物、ご飯の定食。最初の刺身はクニクニしていていいかんじ。刺身はあんまり癖がないんだな。そして鮎の塩焼き。独特な旨みがあるから鮎って好きだな。でも嫌いな人はコレが駄目なんだろうな。そして鯉こく。これは結構癖あり。鯉の骨付き肉がたっぷり入った味噌味の汁。しょうがとかを利かせて癖を取ってるんだろうか。味わい深くて素敵。酒が進む味だ。

肝吸

漬物

鯉のあらい

鯉こく

鮎塩焼き

お店の中にはいろんな川魚系がいてみてても楽しい。座敷席だからゆったり食事を楽しめるのだ。珍味系で贅沢したい時にはお勧めだ。行く時は楽しめるようにちゃんとお金を持っていこう。
◆ 栄洋軒  福岡県小郡市祇園1-1-7   0942-72-1499  
 

ホルモン500円
小郡駅近く、飲めるラーメン屋さん。安くて色々摘めて、ラーメン食べて帰るのでとてもいい。まず注文するのが筑後名物ホルモン。ホルモンとこんにゃくが焼いてあって、それにソースがかかっている。このソースがどこにでもあるソース。クニクニと噛みながら酒を飲むのが幸せだ。
さらに入り口におでんがある。見た感じ真っ黒で煮詰まって塩辛そうだけど、そんなことない。うまみぎっしりいい感じ。しかもネタがでかいのがうれしい。サトイモでかすぎ!これまた筑後名物馬刺し。私の好きな赤身がたったの500円で写真のボリューム。すばらしい。飲んで〆れる

野菜炒め400円

おでん

ギョウザ350円

馬刺し500円

ラーメン400円

ラーメンはこってりしている感じだけど、クリーミーで臭みが強力な感じ。甘みがあってなかなか旨かった。


店の雰囲気も昭和だから好き。
居酒屋地域別総合案内へ