161  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ 翠真
 北九州市八幡西区木屋瀬

翠真ランチ1,000円
木屋瀬の住宅地にある、地元の人たちに大人気の中華料理屋さん。お手ごろ価格で旨いものが食える。色々食べてその真価を知りたいということで、日曜ランチの翠真ランチを注文。コレだけそろって1,000円はお徳だ。春巻きは中トロトロですごくおいしい。なすの炒めは醤油のうす味。とろみが程よい。何か全体的に上品な味付けだ。それと、ラーメンはさっぱりしょうゆ味。香りのいいやさいがスープを引き立てる
安くて旨い大衆中華。単品で注文しても800円前後。飲み会にもいい。テーブルと座敷があるから、いろいろと使いやすい。

→ぎっしり堅い黄色い縮れ麺、オイスターソースが香り高い。かなりたっぷりボリュームでこの値段はかなり安い。

広東風焼きそば750円
◆ ひまわり
 福岡県遠賀郡水巻町吉田南1丁目5番1号  093−201−5502
 
極上の焼肉をほどほどの値段で。そんな店。この店はセコい私でも納得できる値段と品質だ。国産黒牛にこだわり、どれもこれもいい品ぞろい。最初にレバ刺しを食べたがこのまったりとした甘さに極上を感じた。さらにキムチが旨い。韓国系の人がやっているお店なので、さすがだ。
その他誕生会だったので贅沢にステーキとか上ハラミとかガンガン食べてしまった。幸せ。さらにそれらを食べ終わったら〆はクッパや石焼ビビンバ、冷麺。こういったメニューがまたとっても旨くて、本当に文句なしのお店だ。
もしお金がなければ上○○を食べず、普通のやつを食べると、いい肉なのに、普通の焼肉屋さんくらいの値段で食べれる。贅沢な注文の仕方をすれば、とっても極上なものを意外とそこそこの値段で食べれてしまう。ありがたいお店だ。
遠賀川沿いの焼肉、やはりすごい。

特選ステーキ2680円

生レバ800円

キムチ盛合わせ880円

テールクッパ880円

石焼ビビンバ980円

韓国冷麺700円

トントロ720円

上ハラミ980円

焼野菜8品700円

上ミノ800円

地鶏もも720円

タンカルビ680円

センマイ780円ホルモン720円

赤せんまい720円

豚バラ
◆ ピアットマツオ
 福岡市中央区警固
小箱系のイタリアン。とってもくつろげる雰囲気だ。写真はお任せコース2,500円とパスタランチ1,500円。前菜はまずキッシュ。バターとチーズの濃厚な味わいが口に広がり、ふわふわしているが、底の生地がぽろんとしている。バーニャカウダ、は野菜にアンチョビとにんにく。そしてサラダには強烈酸味のビネガーが。食欲をそそる前菜だ。生ハムはちょっと塩気が強い
玉ねぎとジャガイモの冷製スープがまたすごい。スプーンですくって重たいほど、どろっとした濃厚スープ。味わい深い。すばらしい。
次がホワイトアスパラカルボナーラ。生のホワイトアスパラ初めて食べた。私が普段食べるのは水にのやわらかいやつだが、生はシャキシャキしている。旬だな。クリーミーでチーズの香ばしい味付けで、ホワイトアスパラとともにツイストしたパスタに絡む。ベーコン香ばしさが生きる。
もう一つはうにトマトクリームのパスタ。ニンニクがきいて、ウニのうまみが口にひろがる。うにゴロゴロ入ってなんか贅沢なパスタだ。
メインの黒豚は、豚ステーキのような、しょうが焼きのような不思議でとっても旨いもの。ソースは玉ねぎを超弱火で数時間炒めて作っているそうだ。味噌のような芳醇な味と香り。程よい柔らかさと歯ごたえがいい。写真はヘタだが、本当は結構ボリュームある。
最後はデザート。カンパリオレンジのシャーベットとガトーショコラ。お皿が運ばれてきたときからオレンジの香りがプンプン。これでもう期待が膨らんでしまう。口に入れると期待を裏切らず、濃厚なオレンジの味が口の中に広がる。
ガトーショコラはフォークを入れると表面はカサッ、中はしっと〜り。質の高いチョコを使ってるようだ。濃厚なチョコの味が口の中でとろける。チラッと見えるのはフランボワーズソース。う〜ん芸が細かい。コーヒーにはマカダミアンナッツ入りのビスコッティが付いている。これも程よい硬さで美味しい。ニガイエスプレッソとともに。
全体的に私には塩辛かったが、とてもゴージャスで中々いい店だった。
◆ 泰泉閣
 福岡県朝倉市杷木町原鶴温泉
美人の湯として有名な原鶴温泉、川沿いの贅沢なホテルだ。
温泉もとってもよく、宴会して宿泊というプランにいい。料理は会席が基本。最初の前菜に沢がにが入っていた。これは揚げて漬け込んだもので、殻ごとパリパリ香ばしい。牛肉や鶏肉を鉄板で焼くやつや、地元名物鮎の塩焼きなどが贅沢に出てくる。
◆ 豊築丸
 福岡県豊前市大字宇島  
宇島漁港にある、豊築漁協。そこが直営している食堂だ。温室のような建物で、地物と極上の海鮮を味わえる。面白いのは、スターがない時期の魚。カニや牡蠣なんかもちろん旨いんだけど、そういう時期が過ぎた時には普段食べないような雑魚が味わえる。しかも雑魚だからっておいしくないんじゃなくて、むしろとっても旨い。この日食べたのはコショウダイという魚。刺身でシコシコした食感とかみ締めた時の旨さ。なんかすごくいい。煮付けにしても、クニクニと身が締まって極上品。肝と白子も旨み抜群。これは凄い。普通の市場に出回らないのが残念なほど旨い魚だった。漁協直営だからこそできる。
さらに、天ぷら。これまたその時期の野菜と、漁港自慢の魚。私が行った時は名産のヨシエビ。ほんと、旨みが濃い、いいエビだ。世の中から車えびがなくなってもヨシエビがいれば大丈夫って感じだ。小ぶりなエビにたくさんの磯の旨みが詰まっている。
さらに、味わい深いダシが旨い、ハモのつみれ汁もいい感じ。ビールがあるから、お手ごろ価格の料理を味わいながらビールを飲んで最高の幸せを味わう。
定食はかなりのボリュームと品質なのに600円〜1,000円。
アカモク
春になると、大量に発生する海草だそうな。とってもドロドロで旨い。コレを摘みに酒が飲めそうだ。

コショウダイ。
旨かった〜。

マスコットの辰の落とし子。
竜神丸君と呼ばれている(私から)

卵を抱えているカニはトルナと書いて海に放す。
居酒屋地域別総合案内へ