166  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ すしおんど  全国各地
元気寿司系列の100円均一の業態。どれもよく100円でできるな〜って驚くばかりの品々だ。味もまあ中々だ。
色々摘んでビールや日本酒飲んで、安く済む。こういうのもたまにはいいな。
ネタにしっとり何かがかかっているのが気になる。なんだろう?これがおいしさの秘訣か?
◆ すし寅  福岡県古賀市 
千鳥駅すぐ側のおしゃれなおすし屋さん。この店はとにかくメニューが豊富。そしてどれも技術が高いだけじゃなく、酒を呼ぶとってもすばらしい品々だ。お通しが綺麗に盛られて、その後はとりあえず避けのおつまみ。たっぷりと色々なものが出てくる。この日は、カニ、鯨ベーコン、旬のタコ、カラスミ、卵。これをチクチクつまみながら、ビールや銘酒を味わう。贅沢な飲み会の始まりだ。
さらに鮮度のよい刺身をつまみながら、料理に。

酒のつまみ盛1250円

季節のお造り1,700円

茶碗蒸し400円

たこ唐揚げ650円
この日食べて究極に旨かったのはタコ唐揚げ。パチパチはじけそうな食感。巨大吸盤がコリコリ。刺身用としか思えない新鮮で肉厚なタコがしっとり揚がって最強だ。
ホタテ浜焼き750円
ホタテが二個たっぷり入っている。ワタや貝柱がたっぷり。味付けは醤油がきりっと甘たらしくない、さっぱりとした味わいですばらしい。
マグロ兜焼950円
香ばしく炭で焼かれたマグロの頭。トロトロの身が最高。さらに目の周りはどろどろゼリー状。ここは好き嫌い分かれそうだけど、独特の食感がいい。
大寅にぎり上3050円(赤だし付)
1.5人前で量が多く、1列に並んでいたので両側から撮影。絶品のネタがそろう。一つ一つも大きく食べ応えあり。〆に最高だ。さらに梅しその巻物でさっぱりして帰るのだ。赤だしが胃にしみる。酒をおいしく飲みながら和食を味わい、すしで〆る。極上体験だ。

しそ巻き570円

赤だし
◆ 村ア焼鳥研究所  福岡市中央区春吉 
春吉にある不思議な名前の小さなお店。一歩中に入るとこじゃれた焼き鳥空間が。この店何を研究したかしらないけど、その成果は凄い。
値段が安くて超旨い。焼加減も最高。色々焼き鳥屋さん行ったけど、これは中々すごい。極上の焼き鳥を食べながら、暑い夏、キンキンに冷えた生ビールで。冷凍庫で凍ったジョッキで出てくる。
それと、冷やした肉厚で巨大な冷やしピーマンも箸安めにとってもいいのだ。
◆ ばかとあほ  福岡市博多区住吉 

ネギPタン480円 
地球屋系列の焼肉店。上質な肉をお手ごろ価格で味わえるお店。カウンターのみの小さな店。上質な肉を七輪で焼いていく。ネギPタンは豚タンをたっぷりのネギで。片面を焼いて縮んできたらくるくるっと巻いて食べる。うまい。
さらに激安だけどジューシーで旨いカットサーロインや、溶ける裏メニューのバカカルビ。色々とすごい。あとはトグロを巻く、ウインナー。表面を香ばしく焼き付けたら切って食べる。この日結構食べて飲んだのに3,000円そこそこだった。すばらしい!ばかとあほというのは、バカが牛、アホがにんにくなんだって。スペイン語で。

カットサーロイン390円

ばかカルビ裏メニュ、値段不明

自慢のキムチ380円

チャンジャ480円
居酒屋地域別総合案内へ