175  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ 奥堂  福岡市博多区御供所町

イカ白子塩辛400円
和のジビエが楽しめる料理屋さん。お店は昔ながらの博多家屋を改装してしようしている。一階はバーみたいな雰囲気、風情ある天井桟敷、そして2階の広々とした和の座敷だ。
料理はまずは珍味から。独特な味のイカの塩辛を摘みに酒を。とろんとした食感とクニっとした歯ざわりがいい。そして海の香り。あとはエゾシカかなりさっぱりと脂気が少なく、それでいてやわらかい。この口当たりのと味はちょっとダチョウに似ているかも。卵とまぜてしっとり旨い。
さらにまたぎ焼きはイノシシの塩焼き。臭みは無くてジューシーな肉。やや値は張るが食べてみる価値ありだ。

小フグから揚げ500円

エゾシカユッケ1,000円

マタギ焼き1,000円

自家製ざる豆腐

チーズ巻揚げ

雑炊についてくる漬物
ケチカツ400円
昔懐かしいおつまみ。紙カツと言ったりもする。極限まで肉を薄く延ばしてあり、衣を味わうカツって感じだ。安くてボリュームあるので、乾き物感覚で食べるといい感じ。でもこの店はおいしいものが多いから、別なもの食べた方がいいかも。

豚しゃぶの肉写真は3人前
豚しゃぶ1人前1,200円 鶏鍋1人前1,000円
超濃厚な和風ダシの中に豚をくぐらせて食べる、しゃぶしゃぶ。肉も旨いし野菜もダシが良いのでとっても旨い。食べたら肉だけとか追加できるが、鶏肉を追加する事も可能。一度で豚しゃぶと鶏鍋を楽しめる。
さらに食べ終わったら細めんのうどん。この旨いダシと肉、野菜が溶け出したスープに最高。おなか一杯でもイクラでも食べれる。そして饂飩を堪能した後にさらに雑炊まで食べた。超欲張りな食べ方をしてしまった。

鶏鍋の肉写真は1人前
↑デザートのアイス300円
スジャータのおいしいアイス。メニューの写真が思いっきりスジャータだった。でも出てくるのはこんなかわいいやつ。こっちの写真をメニューに載せれば良いのに。ってお店にアドバイスしてみた。
◆ 暖家  長崎県佐世保市 
お楽しみランチ1,575円となんか忘れた昼のコース1,575円
佐世保の大きなアーケード商店街、三ヶ町の裏通りにある洋食の名店。かなり昔からあるお店のようで、目立たない所にあるが大人気。料理は凝り過ぎず、飽きない味。何度でも行きたくなる店だ。しかも値段も魅力的。ランチはこれでもかというくらいいろいろなものが次々と出てきてたったの1,500円。超お得だ。夜のメニューを見ても一品が手ごろな価格。飲みに行くのにもとってもよさそうな店だ。
私の友達は佐世保に帰省する時は必ず食べるって言ってた。私も同感だ。
◆ 一番星  福岡市東区若宮

豚のはらみ焼き577円
地元の人に人気のお好み焼き屋さん。このエリアは割とお好み焼き屋さんが割りと多いな。そんな中でここも割りとお客さんが入ってる。まずは摘み。肉とか魚介を鉄板で焼いてくれる。普通に旨い。それらを食べたら〆は焼きソバとお好み焼き。焼きソバはさっぱりしていて、癖になる。やっぱり鉄板焼きのお店は焼きソバが旨いな。
さらにお好み焼き。ここのはガチっと固い感じ。つまみにもいける感じだ。子どもがいたからアンパンマンにしてくれた。値段が安いから安く飲む時にはうってつけだ。

イカバター420円

にんにくホイル315円

焼きソバ525円

豚玉577円
◆ みゆき  福岡県北九州市小倉北区 

↑↓お通し400円(たぶん)
餃子が名物に小さな小料理居酒屋。いきなりお通しがゴージャス。ビリッと酸味が利いた南蛮。それと、上品な味の小ぶりなサザエがゴロっと二個。これは嬉しいな。そしてサバぬか炊きを注文。しっかり濃い味。骨まで柔らかい小倉の名物だ。酒によくあう。さらに、名物のにんにく餃子。羽根つきのパリッとした焼き面の餃子。噛んだらジュワーって肉汁があふれ出る。香ばしくて旨い。さらにキスと野菜の天ぷら盛合わせもいけてる。がっちり衣、ザクッとする。キスはふわふわでかなり旨い。カウンターだけの小さなお店でお客さんとかお店の人と会話を楽しみながら色々と旨い料理を摘んで酒を飲む。とってもいい店だ。

さばぬか炊き500円

にんにく餃子300円

天ぷら1,000円(たぶん)
◆ free fly  山口県光市島田
ちょっと怪しげな雰囲気を放つ、光の串揚げ屋さん。単品はやや値が張り、コースが無いのが残念だけど、結構ボリュームあるし、結果的に割りと安く付く、そんな店だ。
巨大なたまねぎや、ホタテ、レンコン肉詰めなどおいしいもの一杯。食べなかったけどパスタなんかもあって中々楽しい店だ。
居酒屋地域別総合案内へ