197  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ 福臨臨  福岡市中央区大名
飲み食い放題時間無制限の中華料理屋さんとしてその名を馳せる安中華屋さん。料理はまあまあ。でも時間無制限で飲み食い放題はすごい。
スタッフは中々日本語が通じないのでゆっくり丁寧にオーダー。しかもいつも人気で料理が出てくるのが遅いので、たくさん食べて元を取りたい人は早めにオーダーしてたくさん食べよう。
なんか金額気にせず食べ飲みまくってわいわい騒ぐにはいい店だ。
◆ 大ちゃん  福岡県宗像市

くりえいとの中にある焼き鳥屋さん。炭火で焼いていく焼鳥は中々うまい。
そしてこの店の魅力はなんと言っても安い。ちょっと飲みに、宴会に中々使える店だ。
◆ 胡坊  福岡市中央区舞鶴

紅油水餃子480円

春餅鶏包み680円
餃子の名店として有名だが、小皿で上質な中華が食べれるおしゃれなお店。
水餃子は特徴的な一口サイズの餃子にラー油と酢が絡めてある。皮がちゅるんとしつつ、中のあんの旨みがいい感じ。
春餅鶏包みは中華クレープに白髪ネギと鶏と味噌を巻いて食べる。皮がしっとりしていて、そこに柔らかい鶏と甘いソースと白髪ネギ。なんかとっても旨い。ちょっと贅沢で最高のおつまみだ。
その他びりっと辛い四川麻婆豆腐や青菜炒めなんかを趙美味しく楽しく食って、さあいよいよ〆。この店〆がまたすごい。
ちょっと珍しい春雨ラーメン。かなり味わい深く、さっぱりしている鶏がらスープ。汁まで全部完食してしまいそう。飲んだ後にツルツルっと入る。
そして、汁なしの坦坦麺。甘みが凄くあるんだけど後からビリビリっと辛味が襲ってくる。刺激的で旨い。
料理も全部旨いし極上の〆が食べれて最高のお店だ。

青菜炒め680円

焼餃子480円

酢豚800円

四川麻婆豆腐

汁なし坦坦麺

春雨ラーメン
◆ 楠水閣  福岡県宮若市
福岡市内から山一つ越えたところにある、自称博多の奥座敷脇田温泉の高級旅館。料理は季節の素材を用いた上質なものが出てくる。私が行ったのは春だったから旬の山菜が各所に使われていた。刺身もとってもおいしくてすごく良かった。
基本的に和食メインだが、洋食みたいなチキンのマスタード味のが出てきた。旨いしこれまた春の山菜が使われていい感じ。

そして、宴会が終わったらスナックへ。この周りコンビニとかが無いので困ると思いきや、スナックがお手ごろ価格で楽しく飲める。ちょっとしたつまみと飲み放題歌い放題で3,000円だった。
朝食で出た豆腐がトロトロで趙旨かった。
近場だし温泉もいいので、ゆったりすごすのに凄くいいそうだ。かつての某県知事もお忍びで訪れたという温泉宿。さすがだ。

楠水閣のスナック。
◆ 牛若丸  福岡県太宰府市

ミノと千枚の湯引き650円
最高級の肉をリーズナブルに食べれる焼肉の名店。入り口はいると美しい肉を販売していて、その奥の綺麗なお店で焼肉を食べる。メニューは韓国料理とかはなくて、肉一筋。
まずおつまみとしてミノとセンマイの湯引きを注文。臭みなんか全く無く、ミノのクニクニとした歯ごたえとグリっとした千枚の歯ざわりが絶品。酒が進む。
程よく脂が乗って味わい深いカクマクはさすがの和牛。この日の牛肉は佐賀牛と博多和牛が使われているって書かれていた。極上の一品。そんな肉だからホルモン焼も脂が超甘くてうまかった。
鶏も上質な天草大王を取り扱っている。手羽先とかささみとか色々食べれる盛り合わせが値段はそこそこだけどボリュームあって中々よい。
そして驚き新食感が生ウインナー。燻製にしない生肉のウインナー。これをさっと炙り焼く。最高の豚だから味わえる最高のもの。しっとりと肉質が味わえながら香ばしい。なんとも表現できないすごいウインナーだった。この店行ったら絶対これは食べるべき。この店の豚は沖縄のやんばる豚というのを使っている。ウインナーじゃないのはソーキを食べた。

和牛カクマク950円

和牛小腸ホルモン600円

やんばる島豚ウインナー350円

天草大王5品盛1,200円

テールスープ600円
上質な豚を煮込んだフワフワのソーキ極上。これまた酒がすすむ。
〆はこれといったのが無いのだが、味わい深くて上品なテールスープ。胃にやさしくてさっぱりしている。これにご飯入れて食べてもいい。

やんばる島豚ソーキ800円
居酒屋地域別総合案内へ