22  居酒屋地域別総合案内へ
◆ 松ちゃん  高知県高知市  

餃子600円
高知市街地にある屋台。普通のタイヤの付いた屋台にさらにテントを張り、サーカスのテントみたいにダイナミックなつくりになっている。

ここのお勧めは餃子。600円は高いな〜と思っていたが皆注文している。てべて見ようかなと考えてたら隣の人が注文。見ればかなり大振りな餃子がたくさんさらに乗っている。これはお徳だと思い注文。食べてみて人気は大きさの性じゃなくて味だと思った。きめが細かく野菜たっぷりのあんがぎっしり包まれ、かめば口の中に旨みが広がる。皮はパリッとしていて申し分ない。すごいハイレベルだ。

おでんはあっさり味でつまみに最適。疲れずに食べれるいい味だった。
そもそも〆のラーメンのために寄ったんだ。ちょっと食べ過ぎたがラーメンも食べなければ。鶏がらとカツオかな?さっぱりとして奥行きのある味わいが絶品。腹いっぱいだと思ったがガッツ利食べる事が出来た。マジでちょっと食べ過ぎたな。

とっても広い中央分離帯があってそこに屋台が軒を並べる。夜の高知の醍醐味だ。

しょうゆラーメン600円

おでん100円
◆ 撫順  福岡市中央区天神 日銀向かいの屋台

おでん各種150円
天神界隈で日曜日に開いているうれしい店。メニューも豊富。
でも、全体的に出来合い系。まあでもそのチープな味わいが好きな人にはいいかもね。

あと、ホルモンイタメは、ヤキソバみたいにソースと青海苔で変り種。でもこれもミックスホルモンみたいなのを炒めてんだなって感じだった。
まあすきずきだな。

ラーメン

焼鳥各種150円

ホルモンイタメ600円
◆天一  福岡市中央区天神 渡辺通り沿いの屋台  

好きな天ぷら盛り合わせ(勝手に)
ついに発見してしまった究極の屋台。渡辺通り沿いの屋台で天ぷらを看板メニューとし、いろんなメニューがある。
まずはてんぷら。福岡の屋台でぼったくりで要注意といわれている天ぷら。悪質な屋台に行くと、法外な値段をとられたりするが、ココのは大丈夫。値段は全て書いてあるし、一品120円〜せいぜい穴子みたいな高い素材で200円くらい。すごい低価格。しかも高温で一気に揚げているのでサクサクうまい。屋台の天ぷら、いや屋台だけじゃなくて全て含めてもかなり高品質だ。盛り合わせよりも、好きなものをちょこちょこ単品で注文するのが私のお勧め。
焼鳥も旨かったしおでんもうまかったし、ホントいいね。ただしこの店残念な事に〆系がない。ラーメンがない。ラーメンだけは別なところに食べに行こう。

←筋煮込み
これがまた最高。ちょうどいい歯ごたえとあっさりといいダシで煮込まれ染みた味わいが絶品だ。
◆博多荘  福岡市博多区中洲4−3−16   092-291-3818
 営業時間 11:00〜3:00  

ラーメン600円
中洲の老舗ラーメン中華屋博多荘。創業1946年。戦後すぐやね。歓楽街中洲で飲んだ〆に、歓楽街で働くみんなの食堂として、広く利用されている。
メニューは炒め物も野菜たっぷりで最高だし、餃子もボリュームあって上質でうまい。特に最高なのはラーメン。看板メニューだ。
ココのラーメンすごくあっさり。臭さも控えてあぶらっけも控えて、ひたすら旨みだけを追求したラーメンって感じだ。飲んだ〆に最適に出来てる。胸焼けゼロで素敵なラーメンだ。ここは観光客なんかにお勧めしたい店だ。

野菜炒め400円

餃子400円
汁ビーフン700円
超臭みの強いとんこつのスープにタップリの野菜。プチプチとした食感のビーフンが意外といける。
汁ビーフンって東南アジアの料理でよくあるけど、ここ福岡の汁ビーフン、すごくいい。
◆万十屋  福岡市早良区
 11:30〜22:00 定休 月曜日

モツ鍋1260円
たとえばお会計の時「ありがとうございます」とは一言もいわずにホールのおばちゃんとおしゃべりをしながらレジを打ち、値段も言わず、客がレジに打ち出された金額を自分で払わないといけないような。その他のサービスも大体そんな感じ。昭和サービスの無形遺産に認定するって感じ。
早良区にある老舗のモツ鍋やさん。モツ鍋やさんなのに(なのにとか言ったらいけないけど)とってもおしゃれで感じのいい店。モツ鍋の特徴は甘辛い、スキヤキのようなダシで多種多量のモツをぐつぐつ煮る。独特の味わいだ。オプションで卵を注文して、本当にスキヤキみたいにして食べてもいい感じだ。相当旨い。
野菜だけお変わりは300円でしてくれたが、すごい嫌そうな顔して嫌味まで言われた。あ、そうそう。この店皆おばちゃんで、店の雰囲気に合わず、ドライブインの食堂みたいに愛想のないぶっきらぼうなおばちゃんたちだけでやっていて、現代の接客業という言葉とは無縁のものだ。
◆ 照ちゃん  福岡市博多区上川端冷泉公園前 屋台

冷泉公園前の屋台。手がでかくて美しい大将の店。屋台のなんかの会長をしているって常連のお客さんが言ってた。このお店のメニューはほぼスタンダード。博多の屋台のスタンダードだ。メニューもザ・屋台って感じ。
ぜんぶそこそこ旨くて値段が安い。なかなかいい店だ。
お勧めはズリ。結構いい感じだった。
◆ うまっつら  福岡市中央区警固の交差点のところ。 屋台  

水餃子
屋号に「関東人うまっつら」って書いてあった。何のことかと思ったら、大将の顔が馬っつらで、出身が東京だからだ。(どちらも自称。私が言うと失礼やろ)。この店メニューが豊富で変り種が多くてすごく楽しい。大将も話してて楽しい。
一番おいしかったのは水餃子。つるんつるんぷるんぷるで喉越しがいいっ!というような絶妙な食感の水餃子。たっぷりのネギと味わう。
またおでんは揚げ豆腐じゃなくて本当に豆腐。よく崩れなかったな。黒っぽい色したダシにつかって味が染みた豆腐。豆腐だから口の中で溶けて最高。またダシのしっかりと出た汁にサットくぐらせたおでんの春菊も最高。なんか全部食べてみたい、全部おいしい。
このみせ実は鉄板がすばらしい。上の砂刷りピーマン。肉もピーマンも絶妙な焼き加減でしゃきっとしていて旨すぎ。そして焼鳥のバラも鉄板で焼き上げる。じつはこの店、焼鳥は炭で焼くけど焼きすぎるから鉄板で焼いたこっちのほうがうまいんだ。 ↓焼きラーメン
鉄板が旨いうまっつらだからこそ、この焼きラーメンが最高にうまい。やさいたっぷりしんなり甘みが溢れる焼きラーメン。個性ある一品だ。
ラーメン
ラーメンは甘みがあってやさしい味のラーメン。麺はモチモチしていて甘みが引き立つ。臭みは少なめであっさりしているので、脂っこいものをたくさん食べながら飲んだ〆に最適だ。
◆ 千代  福岡市博多区中洲
中洲のはずれ、キャナルのすぐ近くにある小箱系の居酒屋。
屋台的なメニューがそろっていてそれぞれお手ごろ価格で旨い。雰囲気もメニューもすごくいい感じでお勧め。
餃子は博多一口餃子でパリパリとした食感と肉の旨さがおつまみにいい感じだ。

ただし、この店お通しが400円も取られる。まあいい小鉢がくるが、ちょっとがっかりだ。
居酒屋地域別総合案内へ