37   居酒屋地域別総合案内へ   
◆ 紋次郎  福岡県福岡市東区若宮5丁目1-29-1F  092-661-4567  

モツ鍋 650円
とんこつスープで食べるモツ鍋は珍しい。とんこつの甘み、モツの甘み、野菜の甘み、三位一体で究極のうまさを作り出した逸品だといえる。そしてこの激安さ。多分天神・博多方面で食べるより量が1.7倍多い気がする。だから益々お徳。

しめでモツ鍋に入れる中華麺。コシがあって不思議な食感。店主に聞いてみたあら、デュラムセモリナ粉で作っているらしい。ここでしか食べれない不思議な麺。相当うまい。ここは他に長浜系のラーメンの麺もある。豚骨なのでそのままラーメン。


紋次郎の串揚げ。さくさくで相当うまい。何でこんなにさくさくなんだろう。
カリッカリの衣の中にみずみずしい野菜や、うまみ凝縮の肉類などが閉じ込められている。あっつあつ。
しかも70円〜120円という激安。
餃子

パリパリの皮の中に独特の旨みと香りのある肉が包まれている。
焼くときに水溶き片栗粉をまぶしているからそうなっていると思う。
←山芋石焼(勝手に通称ヤマイシ)
山芋石焼き。山鉄じゃなくて山石。ふんわりはもちろんだが、山石のほうがおこげのうまさが格段に上。
←モツ煮込み。


牛肉石焼→
◆ 泰洋軒  福岡市東区名島

とり天定食710円
かなり年季が入ってお店で、ぱっとみ大丈夫かな?って思ってしまうけど、ここが名島にある定食の名店。暗い店内で表からよく中が見えないけど、勇気を出して暖簾をくぐると、中にはたくさんのお客さんが。カウンターのみの店内は定食をくらいつくお客さんでいっぱいだ。
ここの一番の名物は鶏天。一口サイズに食べやすくしてある。ふわふわした生地で、天つゆをじゅわっとつけて、ぱくっと口へ。口に肉のうまみが広がり、ごはんをもりもり。最高だ。
その他色々とメニューがたくさんあるから、それらを定食で食べまくろう。ボリュームもあるし、味もいいので超お勧めだ。そして、魚も仕入れてきたいいやつがあるから、それらも楽しみだ。
ただ、ここのお店、肉体労働系のお客さんが多いというのと、ご飯をもりもり食べるためか、味がやや濃いめだ。

しょうが焼定食660円
◆ いわしや  長崎県長崎市  
長崎の繁華街にある居酒屋さん。小さくて目立たない店で風情がある、が、超いろんなところに宣伝を打っているかなりアグレッシブな居酒屋。いわし料理が名物。
まず食べてみたのがいわしのたたき。すっごく脂が乗ってとろとろでかなりうまい。他にこんないわしが食べれるところはまずない。すばらしい。あと、カウンターにはいろいろおばんざいがおいてあるので見て選んで食べよう。魚卵はすごくうまかった。
キスてんぷら
キスのてんぷらを注文したらそれともになすとかししとうとかのてんぷらがついてきた。このてんぷらがなんとすばらしい名品。キスは注文してから裁き、和の達人が丁寧に粉をつけて焼く。さくっとしているがかなり強い引きがあり、独特の歯ざわり。この味わい、究極。
そういえばこの店不明朗会計。別にぼったくりはしないけど、メニューに値段が書いていない。でも適当に食べても4,000円行かないくらいだと思う(私の場合)。まあお金がない人は気を付けて魚介類をいただこう。
◆ 永ちゃん  福岡市中央区天神 渡辺通りの屋台  

焼鳥110円 キビナゴ210円
ほんと品目の多い屋台。おでん・串物・天ぷら・餃子・ラーメン。福岡の屋台メニュー全部置いてるって感じ。値段も安く味もよく、結構お勧めできる屋台だ。
この日のはバラとズリとキビナゴ。キビナゴって串にするの珍しいな。ふんわりしていて旨みがしっかり、旬を感じる味だった。バラとズリは結構肉質がよいが、ただちょっと私にとっては焼きすぎだったな。
おでんはよーく味が染みててすばらしい。なんか不思議なスパイス感があって、焼酎がすすむ。

おでん110円
後この日食べたのですごくおいしかったのが天ぷら。天ぷら自体の技術より素材がすごく生きてた。ガッチリ固めの生地の中に新鮮なアスパラと新玉ねぎ。これまた旬だな。シャキッうまかった〜。屋台で旬を感じさせるところって実は少ないな。素敵だ。
天ぷら(野菜)110円

餃子8個420円
餃子は野菜がたっぷりシャキシャキした食感。にらとねぎの比率が高めでいい感じ。だからさっぱりしている。博多の一口サイズ餃子の代表に上げたい気分だ。

ラーメン530円
どろっとクリーミー。甘みが強くてコクがありうまい。臭みが独特のスープだがゴマとコショウが入っていてその臭みをいい感じに押さえてる。長浜系の極細麺がちょうどいい具合に絡む。。
居酒屋地域別総合案内へ