4  居酒屋地域別総合案内へ 
◆ 若武者  福岡県福津市津屋崎720-32 0940-52-3054 
津屋崎にある焼き鳥居酒屋。超いい味でボリュームもある究極の焼き鳥と地物の魚介類が味わえる店。焼き鳥はひとつひとつがボリュームあるので火のとおりが中は控えめで、ものすごくジューシーでいい味わいになる。それが特に際立つのが、左の砂刷り。でかいままの砂刷りをかじると、ジュバっとうまみがこぼれてくる。そんな串の数々。しかも値段はかなり安い。
魚貝類もいろいろそろってて最高。
さらに〆にも事欠かない。ダシがしっかりうまみぎっしりの鍋焼き雑炊。

雑炊500円

ぶっかけうどん600円
そしてぶっ掛けうどん。細くて口当たりのいい五島うどんの細麺に薬味がのり、そこに熱々のつゆをどばっとぶっ掛けてかき回して食べる。すばらしいしめだ。
最近立て替えて超綺麗になった。でもレイアウトも、大将も変わらず、同じく楽しめるのだ〜。

カキフライ
さくっとジューシー。牡蠣の質
そして揚げ方も最高。

さば
脂が乗ってうまい。

焼きなす300円
どかんとナスを焼けた炭の中に落とす。香り高く上質。

豚なんこつ

ぶたばら

さがり。ジューシー

とりかわ

厚揚げ。香ばしい。

手羽崎

めかぶ200円
◆ Kunihiro    福岡県宗像市日の里1丁目27-1F-E  0940-37-1700
平成18年に開店したkunihiroは狭い店だが気のいい大将と奥さんが名物。というのもあるが、やはり創作料理がいい感じ。和・洋・中、いろいろなよさがミックスされてとってもうまい。

焼き牡蠣

ラムステーキ

デザートも凝ってる

クニヒロのコーヒー。エスプレッソを薄めて出してくれる。苦味と香りは絶品。器は小石原。

クニヒロらしい。何かわからんグラタン。うまい。

ゼリー状のコンソメスープとポン酢を新鮮な鯛の刺身で巻いていただく

厚焼き玉子。手間隙かけて薄い玉子焼きを何層にも巻いていくのでフワフワした食感が絶品

エビチリ

山芋がたっぷりの磯辺揚げ
だから滑らかでフワフワ。

ピリからごぼう
これがうまい。味噌のコクとごぼうの香り、かりっとした歯ごたえで焼酎がすすむ。

ジャコのおにぎり。これが最高

ローストビーフ

夏野菜の冷製スープ

稲庭うどん

エスプレッソをアイスに入れて、食べるデザート。
◆ 赤のれん   福岡県福岡市東区和白丘3丁目18-1  092-606-4315
屋台のような店赤のれん。ラーメンと餃子、焼き鳥、おでんの店。安価で深い味わいが楽しめる。
 ラーメンもうまい。
おでん。

ココのおでんは牛テールのダシが濃厚に聞いている。だからおでんの鍋を覗き込むと汁は真っ黒。濃厚な味わいをダイコンやシイタケが吸って相当うまい。

餃子

鉄鍋で焼き上げた餃子。パリッとした焼き上がりが絶品。あんは何かの肝が入っているかのようなコクと深みのある味。

焼き鳥は5本からなのでちょっと注文しづらいな。
味ボリューム共にこの店はやはりおでんか餃子でしょう。
◆ 天下大平   福岡県糟屋郡志免町田富4丁目1-17  092-937-0394
餃子で名を馳せる天下大平。餃子を中心に様々なおつまみを楽しめる。他では味わえない味が満載。
やはりココは名物餃子。焼きはパリッとした皮が特徴的。油少なめで焼いているので本当に焼きのパリッと感を楽しめる。水餃子はチュルチュルの皮に包まれたジューシーなあんが最高。

→びっくりしたのはここのキムチ。手作りらしい。旨みとピリ辛さがしっかり効いてバランスのよい、技ありキムチ。
韓国で食べるよりおいしいかも。

ホルモン野菜炒め
強火でいためた野菜のシャキシャキ感とソースと絡んだホルモンの旨みが絶品。

手羽揚げ
本格的な中華の技法で揚げる。時間がかかるがパリッとジューシーな味わいのためには待てる。

店内。昔ながらの居酒屋の雰囲気だ。
◆ 感動焼きとり蔵  


北九州の焼き鳥の名店と言えば感動焼き鳥蔵。いつも行列ができ、待たなければ入れないほど。炭で良質の肉を焼くのもさることながら変り種が多いのも魅力のひとつだ。シンプルにバラもあるがそれにチーズを乗せてみたり色々。
飽きの来ない味、メニュー構成で常連客を放さない。

← おろしブタバラ。面白い。肉厚のブタバラの上におろしをのせて、ポン酢をかけている。いい味でている。肉厚だけど固くない。焼き方もいい。

*感動ラーメン蔵は閉店、というより守田としてリニューアル
変り種串→
左がバジルとトマトとオリーブオイルの串。香ばしい。

右の写真は・・・忘れたなんやったっけ?旨かったのは覚えてんだけど。

ぷりぷりの豚の耳。食感や味はいいが、ちょっとこの甘辛ダレしつこい。

ダルム。牛の小腸の一部。臭みが聞いていて旨い。でも嫌いな人はダメだと思う。この臭みが。

キモ。しっとりふわふわでレベル高い。半生好きの私としては少し焼きすぎ感がある。

特選鶏ハツ。程よい甘辛ダレに包まれて備長炭でじっくり焼き上げられたハツ。ぷりぷりした歯ごたえとふんわりした舌触りが絶品。

ここのつくねは中にニラとか野菜がいろいろ入っていて面白い味。うちの母の作る餃子のあんこにちょっと似てるかも。
◆ 酒膳 長崎屋   長崎県長崎市本石灰町4-3 095-827-5288  18:00〜03:00  無休
旬の野菜や旬の魚が低価格で楽しめる店。メニューも多彩で素敵。
馬コーネ(たてがみ)
トロトロの脂が絶品。まろやかで甘い、味わい深い逸品。
旬のサンマは脂が乗って最高。
◆ 十八屋 熊本県熊本市南坪井町5-18サウスビル2F   096-359-6656    定休日曜日
熊本にある馬肉やさんがやっている居酒屋。ゆえに馬肉の質と味は絶品。 
馬タンステーキ

プルプルコリコリの馬タン。鮮度も品質も高いので臭みはなく、単独徳の歯ごたえと旨みを堪能できる。最高の逸品。

お通し馬肉奴
←お通しがいきなり馬肉奴。豆腐の上にふんだんに馬肉の刺身が盛られている。かなりのボリュームに驚き。お通しのいい店にはずれはない。

→ヒモ刺し
クリーミーでマイルドな脂と身のジューシーさが絶品。

ヒモ刺し

コーネ
←コーネ(たてがみ)
馬の脂の塊。こんな体に悪いもの、って思うけど、食べだしたら癖になる
→ロースト馬
甘さとうまさのバランスのよいタレで絡めた、馬のステーキ。肉の質がいいので半生と言うより表面を炙っただけ。たたきのようだ。

ロースト馬
◆ 炉端 九兵衛
熊本市新市街4-18 096-322-6338  17:00〜23:00  定休日 日曜

からしレンコン
熊本名物。ここのからしレンコンはさくさくした歯ごたえがいい。
またからしの辛さも抑え目でスナックのようにつまめる。
桜納豆。熊本名物で、山芋と納豆と生馬肉を混ぜて食べる。
どろっとしたヤマイトと納豆の食感と馬肉の旨みがよく合う。
◆ 彩     
北九州市八幡西区則松7丁目1-11  093 - 692 - 1610  17:30〜23:30 定休日 水曜日
串物・一品・モツ鍋とうまいものがそろった居酒屋。
手作りをモットーにしているらしく、手を抜いていないのがよくわかる。

もつ鍋はかつおのダシがしっかり効いた和風だしで、もつのうまみと脂が溶け出して奥行きが出てすごくいい感じ。飽きない味の絶品もつ鍋だ。
◆ 唐津ロイヤルホテル 味処漁火  
佐賀県唐津市東唐津4-9-20  0955-72-0111  18:00〜23:30

唐津名物ギョロッケ。魚のすり身となにか野菜を混ぜてコロッケのように揚げたもの。かなりおいしかった。ホテルの朝食にも出た。ただ、ネーミングがやっぱ佐賀。
もともとギョロッケは古くなった魚をおいしく食べる知恵で、練って古い魚の臭みを消すためにカレー味にしたものだが、ココのは新鮮な魚を使い、カレーのようなどぎつい味付けをしていない。
むちゃくちゃおいしい。練り物嫌いな私でも。


唐津名物明太子をふんだんに使った明太ウインナー。プチプチした食感でかなり旨かった。なんか明太って博多だけじゃなくていろんなところの名物なんだな。この間山口に言ったときにも山口名物って書いてあった。
     
ロイヤルホテルから虹ノ松原を見下ろせる。すごい立地だ。小さな半島の先っぽにホテルがあるった感じだから、全室オーシャンビュー
◆ 博多王将   福岡市東区香椎駅前1−10−19  092−671−3681 無休 
メニューはほぼ同じだが、全国チェーンの餃子の王将とはちょっと違うみたい。全体的に婆沙羅に作った料理が豪快でいい。値段も安く、味もよい。餃子はボリュームもあり最高。好き嫌いは分かれるみたいだが私は大好きだ。
⇔博多王将香椎店のチャーハンと餃子。柔らかい味の餃子とぱらぱらのチャーハンが飲んだ〆に最適だ。香椎で飲んだら帰りにここに寄りたくなる。

餃子は皮が薄くてパリッと焼けている。

 → 全国チェーンの王将の餃子。博多王将とやっぱり違う。

スープ餃子
スープってまさか濃厚豚骨スープで出てくるとは。かなり濃厚な味に博多王将らしい旨い餃子、そしてもちろん皮は水餃子として生きてくる分厚い皮。最高だな。
居酒屋地域別総合案内へ