47  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ むっしゅあずま  福岡県福津市
なんか昔フレンチレストランだったらしいが、今は居酒屋。場所柄魚がうまいが、それ以外の一品メニューがかなり豊富。で、しかもどれもうまい。ちょっと手の込んだおいしくて変わったつまみをいろいろ楽しめる。
焼酎も各種そろっているので、食べ物の好みがいろいろという集団でのみに行くときにはいい感じだ。いろいろ食べてみよう。
ただし、価格帯は中の上くらいのすこし値が張る居酒屋さんだ。
◆ 酒処池田  兵庫県明石市  
店構えや店内は普通の居酒屋。でも料理がそれに見合わないくらいすごくいい。とりあえず旅行者なので地元っぽいものってことでたこの刺身を注文。たこは生のたこで、ぬるっとした食感。なんか生きているかのような口当りだ。くにくにかみ締めるとたこのうまみが口いっぱい。たこが目の前の瀬戸内海で取れるからいいな〜。
あとは蒸しアナゴ。こっちのほうでは、アナゴは蒸して食べる。蒸すことで、超ふわふわでとろとろの食感になる。

生たこ800円

蒸しアナゴ650円
そのアナゴをきゅうりとともに海苔で巻いて、超絶品。
あと、貝柱のバター炒めが絶品。刺身で食べる貝柱をさっとしょうゆとバターで炒めてある。たまらんな。日本酒がぐびぐびだ。
この店、それでかなり安いからとってもうれしい。雰囲気もいいしね。
◆ 元祖竹炭やきとりはかた風土  
福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目4-17-1F 092-472-0210
博多駅近くの焼き鳥。この店の焼き鳥は炭火焼きは炭火焼だけど、竹炭で焼くというこだわり派。材料も極上だが焼きも巧みの技。竹炭の香りでうまさが引き立つ。

ちょうちん。メンモツとレバー、卵管を串にしてある。タマゴ部分は半生で、一口で食べないとはじけ飛んでしまう。タマゴとレバーまでを一口で食べ、タマゴの甘みとレバーの深みが交わって口の中がとろける。そしてふんわりしてとける卵管を最後に一口。串に起承転結のある究極の一本。

シメジ巻きとアスパラまき。どっちもうまいが、アスパラが特にすごい。アスパラ一本丸ごとを肉でまいている。

ほほ肉はとんでもなくうまい。ゼラチン質のものに、繊維が緩い身が包まれている。ふわふわとろとろ。この一本だけでもうこの店殿堂入り決定。バラも丁度いい焼加減でうまい。

イカ口。珍味系。コリコリとした歯ごたえとジューシーなイカのうまみのバランスが絶妙。

←普通の焼きおにぎり(左)と焼きおにぎり室蘭風(右)
室蘭風はバターが乗ってる。これはどっちが好きか完璧好みだな。室蘭風は不思議な味でちょっともたれるので〆には適さない感じがした。

イワシ明太
新鮮で脂ののったイワシの中に明太が入っている。博多名物だ。海鮮に強い屋台なんかで見かけるメニューだ。福岡以外の地域の人が福岡にきたら是非一度は食べてもらいたい。


→ダチョウ刺し。初体験。しょうが醤油で食う。歯ごたえがしっかりしていて、少し筋張っている。食い応えが合って結構好き。馬ほどはおいしくはないが、話の種にいいかも。

◆ aa  兵庫県神戸市  
元町の高架下の細道にある中華料理屋さん。メニューが多いのにメニューが全部壁に貼ってあるからちょっとみにくい。
中華は本場の家庭的な中華料理って感じでいろいろあって、値段がすごく安い。
看板にジンギスカンとギョウザって書いてあったから、それが名物だろうと思い、食べてみた。
ジンギスカンはしょうゆがキリっと利いたもので、羊の香りとうまみが最高。紹興酒によく合う。いくらでも飲んでしまう。ビールなんかにも合うかも。
あと、名物のギョウザはにんにくがしっかりと利いたガツンとくる味で、これまた止まらない。神戸ってギョウザがうまい店が多いな。
その他いろいろメニューがあって楽しい。500円〜700円くらいで体外のものが食べれるし、もちろんチャージとかお通しがないから安心して食べれる。すばらしいお店だ。

ジンギスカン635円

ギョウザ315円

ピータン575円
◆ カサペケーニョ  兵庫県神戸市中央区長狭通3-1-4ツタニビル1F 078-321-0870
 16:00〜4:00 不定休
神戸の立ち飲みワインバー。チャージもお通しもなしというのがうれしい。
メニューは超小皿で一品300円〜500円。はっきり言って腹の足しにはならないけど、いろんなものをちょっとづつ摘めて、お酒を飲むのに最適。まさに私向けのバーだ。
ただし、結構計算が適当なのか、じつは不明朗会計なのか、私は予定より1,000円弱多くとられた。ちゃんと暗算しながら飲もう。それ以外は申し分ないお店だ。

グリーンカレー

カマンベールチーズ&ドライトマト

合鴨のシェリーソース300円
◆ ワインバーW  福岡市博多区中洲 ゲイツ7F   
中洲の商業ビル、ゲイツの7階にあるワインバー。バーといっても、ゲイツのフロアーに扉もなく、どんとある。ちょっとフードコート的な形式だ。でもすごくおしゃれな店内で、ゆったりするのに適している。
入店時にカードをもらい、そのカードをもって、ワインの量り売りの機械のところでセルフでワインを注ぐ。帰るときにカードを持っていって精算。
ワインはグラスで200円〜1500円くらいまで。量も選べるので、いろいろなワインを味見してみたり、たっぷり注いで好きなワインを楽しんだり好きなように飲める。
しかも機械がやるので明朗会計間違いなし。さらになんとチャージもない。お得だ。中洲・天神方面で飲み会して、飲みなおすときに、一人でふらっときて、いっぱいだけ飲んで帰るのに、とにかく超お勧めだ。料理も素敵なつまみが500円〜これまたお得。しかも凝ってて結構いけるから驚き!
居酒屋地域別総合案内へ