50  居酒屋地域別総合案内へ   
◆ せいもん払い  福岡市博多区上川端
川端商店街の中にある、極上の料理を出すお店。値段はかなりするが、料理はすべて特級品。全国放送にも出るほどだ。結構高いのにお客さんが多いというのは値段だけ満足するような料理がそろっているということだ。
まずお通しから上品。「割烹」と掲げてあるような感じのお店の味。株の煮物も薄い味付けで、深いダシの味でほのかな株の味を引き出している。お通しを食べただけでも期待が膨らむお店だ。
刺身5,000円→
刺身は予算に応じて作ってくれるが、左は極上の二人前。生きているような車えび、トロトロのとろ、動いている姫あわび、あぶった肉厚のホタテ。もう気絶しそうだ。
←カニ3,800円
これがすごいんだ、かに。どがっとでかくて肉厚のかに。蒸してあって、相当なおいしさだ。
1階カウンター席→
いつでも満席状態。
佐賀牛ステーキ3,800円
やばいよ、これ。超肉厚でトロントロンに油が乗って油の甘みまで味わえるステーキ。肉までうまいなんてすごいぞ。
そして、串もかなりおいしい。オールマイティーにすべて上質のお店だ。
←蜆汁(しじみ)
しみるー。巨大な蜆がごろごろ入って、うまみがすごい。3人で回し飲みできるほどのボリューム。
鯛の内臓の塩辛→
胃袋だな。コリコリした食感で、保存のためにつけたんじゃなくて、味わうためにつけたという塩辛なので、全然塩辛くない。つまみとして食べながらうまい日本酒を飲む。もう絶品。こんなものまで上質なんてまいるな。
◆ 味菜  福岡市中央区赤坂 

お通し400円はちょっと高いな
大瓶ビール390円!これに誘われて入店した。ビルの地下のグルメ街のようなところにあるお店だが、入ってみてちょっと高級な雰囲気に、ちょっとどきどきしたけど、意外に安くてよかった。
それで、驚いたのが、料理がすごい。まず出てきたお通し。煮びたしみたいな感じで和の料理人が作った絶品もの。極上だった。そこに入ってた玉子焼きがまたおいしかった。後で逆算したら400円もしたのがちょっと(怒)って感じだったけど。
あと、この店魚介が結構色々あって、新鮮でおいしい。その日に入ったものを出すので店のホワイトボードで確認だ。

ひらす刺身420円
この日はひらすの刺身を注文。新鮮で甘みがあってすごくおいしい。これが420円はお徳だな。
あとは牡蠣フライ。これは旬の走りだな。今年初だ。揚げ方もテクニカルですばらしい。あと、焼いてもおいしい海鮮は、えびとサーモンかま。塩がちょっときつかったけど、味は絶品。えびに殻ごと頭から食いつくとじゅわっとあふれるうまみ汁。鮭も脂が乗ってすばらしい。でもなんでこの二つでセットっていうメニューなんだろう。不思議だ。おいしいからなんでもいいけど。
かきフライ630円
えびと鮭かまの塩焼き420円

豚野菜のホイコーロ560円

きびなごと野菜の天婦羅420円
天婦羅、ちょっとその辺の天婦羅とはおいしさが違う。魚の鮮度もいいんだろうけど、衣のもっちりさくさく感はかなりのもの。このお店のご主人、すごい。さらに、和食の達人だなと思ってたら中華風の炒め物も超おいしかった。食材・腕、すべてがそろった最強のお店だ。それで値段はお手ごろってうれしいな。
◆ 御膳屋(おぜんや)  福岡市中央区天神

熊本県産馬刺し1260円
西鉄の福ビル地下の飲食外にあるお店。すごく高級な感じで落ち着いた雰囲気で、半個室のような座敷席(個室にもできる)でのんびりくつろぎの夕食を楽しめる。食事は和が中心名感じではあるが洋食も結構いける。色々あってそれぞれおいしい。
ささみの梅巻き揚げはジューシーな柔らかい鶏肉にやまいもと梅は入っていてさっぱり味わえる。これは和の腕はなかなかのものだ。
珍味三種盛りもたこわさ、カニミソ、酒盗の三品。上質なおつまみでお酒が進む。

珍味三種693円

鶏笹身と山芋の梅巻き揚577円

若鶏のグリルマスタードソース693円

釜揚げ五島うどん714円
若鶏のグリルも、究極とまではいかないけど、洋食までおいしいとは驚きだ。値段もそんなに高くなくて、満足だな。

〆は五島うどん。細めんがずるずる入ってごちそうさまでした。

この店、高級にもカジュアルにも使えるのでいい店だと思う。
◆ 肉匠利休  福岡市博多区中洲ゲイツ11階  
高級焼肉のお店。芸能人が多数来店する、という私があんまり好きそうにない店だが、たまたま破格のサービスキャンペーンをやっていたので試しにいってみた。
ゲイツって正直あんまり客の入りがよくないんだけど、その11階という悪立地にありながらお客さんは多い。私に似合わない高級な店内で、メニューを開くと1,000円越えの嵐。うーんさすがに高級だ。
とりあえずカルビと特選ホルモンを注文した。
カルビ980円  特選ホルモン1,200円
これがすごいうまい。やっぱりうまいものを食べたければある程度お金を出さないといけないということだな。本当にうまい。とくにホルモン。いやらしくない脂身で、とろーんと濃厚な甘みが口の中に広がる。そして歯ごたえはコリコリとしていて、こんなうまいホルモンは食べたことがない。とんでもないものを食べてしまった。カルビも霜降りのすばらしい肉質。この店タレが2種類と塩があって、それらをつけて食べるんだが、ホルモンでさえも、塩で食べるのがお勧め。肉がうまいから味付けがあっさりなのでお好みで塩をつけて食べる。肉自体のうまさをこころから味わえる。

レバ刺し900円
も究極。全部うまかったけど、この店は豚や鶏より牛がうまい。牛をたくさん食べよう。
写真上右 地鶏600円 トントロ850円 ウインナー450円
◆ 鉄人  福岡市博多区須崎  

小龍包 450円
上質の中華料理屋。ちょっとはずれにあるので立地は悪いが、いつでも大人気。カウンターで食事をする人、テーブルで会社帰りに飲み会、座敷で宴会。常ににぎわっている。
料理はすべて絶品。小龍包はじゅわっとジューシーなもので、一口でで熱々しながら最高。
ピータン豆腐はごろごろと大きなピータンが豆腐に乗っている。
上海風の焼そばはうまみタップリしっとりした焼そばで〆に最適。
紹興酒によく合う、すばらしい料理の数々だ。

紹興酒1合タップリ400円

ピータン豆腐550円

炒め焼そば750円

坦々麺

中華丼700円

チャーハン
ラーメン580円
すっきりさっぱり、伝統的支那ソバって感じ。トリガラがしっかり利いたスープにあっさりしょうゆ味。味を引き立てる粉胡椒。
〆に最適なラーメンだ。

ザーサイ
塩分控えめで劇うま
◆ わらきたれ  福岡市博多区上川端  

活きさば刺し1,000円
川端商店街の地下にあるお店。値段は普通の中級居酒屋の値段だけど、味は上級。魚はわが地元津屋崎の漁港と長浜の漁港から仕入れる絶品の魚たち。できるだけ近海の魚を使用している。仕入先が港と市場と両方あるから地物とその他の地域のものといろいろ手に入るのがいいな。しかも、どれも上質。活きさば刺しなんかもう極上の絶品。脂がのってぬるっとしていて歯ごたえがある。こんなうまいさば初めて食べた。あかはたも濃厚なうまみでいい感じだった。料理も上級なので刺身でも焼いても揚げても煮てもおいしい。
豆腐も手作りのおいしい豆腐で濃厚な味。
一品ものも色々おいしくて超いい感じ。1,900円〜2,500円くらいで大抵の焼酎はキープできるので、うまい魚と焼酎で心行く前飲みまくろう。
若い大将、そして店員さんがみんなすごく感じのいい人で、サービス面でも大満足だ。

あかはた刺し830円

ざる豆腐600円

かなとふぐから揚げ680円

セロリベーコン炒め

焼ナス

銀杏

わらきたコロッケ500円

珍味500円
その日のお勧めの珍味を盛り付けてくれる。
←自家製ふわふわさつま揚げ
480円

本当にふわふわで超うまい。これいける。焼酎によく合う。
居酒屋地域別総合案内へ