8 居酒屋地域別総合案内へ 
◆ 五人百姓  長崎県長崎市 銅座店 
長崎の郷土料理や各種居酒屋料理がとりそろう店。全体的においしく、一軒目に最適な店だ。

練り揚げ
私は練り物はあんまり好きではないが、長崎名物と書いてあったのでとりあえず食べてみた。びっくりした。あつあつの揚げたてつみれの食感が最高。また、噛み締めていると口の中で練り物が元の魚に戻っていく。鯵とかいろいろ入ってるって言ってた。
アラのカマ塩焼き
幻の魚アラのカマを贅沢に焼き上げた品。当然脂がのっているが、ただとけるのではなく、身がしっかりとしていて旨みを噛み締める事ができる絶品。

◆ 吉里吉里  長崎県長崎市  
珍味系が充実した完璧に私好みの店。そういうものをつまみながら焼酎を飲む。店の雰囲気もオシャレだしいい感じだ。値段もそこそこ。相当気に入った。

珍味三種盛り珍味系はいいな。
一番右はほやの塩辛磯の香り満天。真ん中は生からすみ。とろーんとしていて美味。焼酎が進む。
左はスクガラスと現地で言われているアイゴ塩辛。激まず。私はこれだめだ。沖縄の珍味という事だったが梅干をおかしくしたような変な酸味と口にイガイガくる骨がどうもだめだ。久々まずいもの食った。まあ珍味ってこんなもんだ。口に合わなければひどい目にあう。

鯨食道刺し
分厚く切られた食道は柔らかくて鯨の香りがたっぷり。ぷるんとして歯ざわりと噛み締めたときの肉の旨みが絶品。

馬生ハム
絶品。しっかりとした馬の歯ごたえと甘味たっぷりの脂が
◆ 達  福岡市南区  
ラーメン屋と思っていたら夜は居酒屋だった。焼き鳥も本格的な炭火ですごくおいしい。一品メニューも豊富でうまい。例えるなら長浜屋台の店舗版といった感じだ。焼き物食べて、炒め物食べて最高。店舗は屋台より居心地いいし。
〆は屋台と同様、もちろん充実。達のラーメンがおいしいのはもちろんのこと、焼きラーメンとか焼きちゃんぽんとか色々ある。私のお勧めは焼きラーメン。ココの焼きラーメンはとんこつのスープの味で炒めた焼きそば。極細固麺は固麺で、麺が味わい深い豚骨の香りを帯びて最高。
◆ テムジン  福岡市内各地 
 親不孝店 福岡市中央区舞鶴1丁目1番4号B1階  092-732-5332
餃子で有名なテムジン。博多の一口餃子は有名だがその代表のひとつと言える。公式ホームページによると7(野菜):3(牛肉)の割合で練られたあんが特徴。餃子は豚が主流なのでちょっと変った味わい。旨みがぎっしりで焼き加減も最高。一口で食べれるので肉汁を逃さない。とはいっても私は大口なので普通の餃子をがぶっと一口のほうが本当は好きなんだけどな・・・・。
ランチもオッケー。中華料理も色々旨くて、ふんわりかに玉とか、野菜炒めとかどれも旨いちょっと私には味が濃いかな。

居酒屋メニューもあるのでちょい飲みオッケー。結構色々ある。高温で炒めあげたメニューがいい感じ。
もう少し値段が安ければ最高だけどな〜と思う。
キムチが美味い。
なぜか餃子やさんってキムチおいているところが多いな。しかもたいてい美味い。
◆ ぶあいそ  福岡市中央区
若い人を中心に大人気のぶあいそ。私も大学生のときによく行ったものだ。最近はホットペッパーを使って食べ物半額とかできていいな〜って感じ。結構お手軽な値段でちゃんとおいしいものがでてくる。そしてさらに驚きなのはなん店舗かあるがどの店もおしゃれだという事。昔の洋食やとか喫茶店とか言う感じの雰囲気がいい。結構みんな学生の頃よく行く店なのでサラリーマンになった後にぶあいそに誘うと「え?ぶあいそ?たまには違うところ行こうよ」って言われるけど今でもぶあいそを愛してる私でした。
イカ墨塩辛350円
◆ 小金ちゃん  福岡市中央区 親不孝通り入り口の屋台
焼きラーメンの元祖として名高い小金ちゃん。場所的に西通りから親不孝通りのほうに歩いて親不孝の入り口の交差点にあるので、この辺で飲んだ〆に最適。ここの焼きラーメンは具を炒め、ラーメンの麺をやわめに茹でて(見た感じ)それを鉄板に乗せ、炒め、スープをかけてさらにいためる。この辺からもう炒めると言うより煮込みのようにドロドロになってくる。そこにソースをかけて出来上がり。もんじゃのようにどろっとしたものをつまむ。ソースの味が濃いのもあるが、さらにビールが進んでしまう。〆のはずだったのに・・・。好き嫌いは分かれそうだが一度は食べてみる価値あると思う。
おでんも旨い。
というより屋台でおでんがおいしくないところはだめだと私は思うし、おいしくないおでんを屋台で食べた事がない。
ここの屋台焼きらーめんを作るくらいで鉄板が備え付けてある。そこで焼き上げられる炒め物はこれまた絶品。結構ビールに合いそうなメニューだ。
ラーメン
焼ラーメンが有名だけどラーメンも中々。さっぱりしているけどこくがある。ホルモン煮込みのダシなんかも入れているからね。麺はやや太め。妙な甘みがあって面白い。
◆ サンリバー  福岡県北九州市八幡西区  
八幡西にあるカジュアルレストラン。最近の激安路線ではなく、しかも高級路線でもない、昔ながらのレストランって感じだ。
私はここに飲みに行くのが好き。まず頼んだのがこのワインとつまみ2品のせっとこれで確か1,000円くらい。ワインはデカンタで、なんとボトル半分くらいある。それをがぶがぶ飲みながらビーフシチュー味のさいころステーキと、昔懐かしいエビフライを味わう。このエビフライ、冷凍の既製品じゃなくてちゃんと作っている、ぷりぷりえび。うーん大満足。
パスタディナーセット1,200円くらい
このセットがまたすごい。まずは前菜三種もり。牛肉の焼いたやつもステーキって感じでうまいし、ハマグリも独特の酸味がうまいし。
そして次に出てきたサラダ。前菜のサラダがものすごいボリューム。これだけでおなかいっぱいになりそうだ。そしてメインのパスタもちゃんとおいしいトマトソース。
さらにデザートは大盛りのフルーツと生クリーム。さらにさらに、コーヒーまでつく。このコーヒーを生ジョッキビールにも変更できるって言うだからビックりだ。
さらにここのハンバーグがすき。タルタルソースとゆで卵がのっていた。付けあわせがまたいろいろ着いていて、超おとく。これでしかもハンバーグがうまいんだからとんでもない店だ。
最高。大好き。
◆ 豊竹  福岡市博多区

超激辛ウインナー
ここのは本当に激辛。一口かじると汗が吹き出てくる。色々な色のスパイスが満載。また肉厚でジューシーな味が最高。昔は全店にあったが今は豊竹のみで取り扱っている。
竹グループの発祥の店豊竹。ここは居酒屋メニューが充実していて焼き鳥が中心となっている。この店で私は竹グループの店全店制覇。それほど気に入っている。値段も手ごろで本当にいい品がそろっている。素材よし技よし値段よし。
ただ、竹グループの中ではこの豊竹、料理がすこし落ちる気がする・・・。竹グループ行くなら長者の柿木か坂の上の雲がいいな。と思った。

アスパラコロッケ。
◆ 囲  福岡市博多区

チェーン店系の居酒屋。結構おしゃれな雰囲気の店内作りになっていて、食い物もなかなかいい。でもそのボリュームと味に対して値段がちょっと高いかな。
◆ 弁慶  福岡市博多区美野島  
美野島と東比恵に店舗があるモツ鍋の店弁慶。ココのモツ鍋はスキヤキ味でマイルドな味でモツを食べる事ができる。ニラとかもやしがスキヤキ味にあうというのが意外だった。元々モツ自体に脂が多いからその脂が溶け出すことで深みが出る。そして雑炊にすると本当に奥が深い味に仕上がる。
その他再度メニューも色々と旨くてお勧めの居酒屋だ。

明太山鉄

つくね

葉わさびしょうゆ漬け
◆ 若大将  福岡市中央区港長浜屋台街  

長浜屋台一ユニークな大将がやっている屋台。表情や客引き、おしゃべり、全てが笑える。長浜に行ったら是非顔を出したい店だ。おでんや煮込み、焼き、揚げ、色々そろってリーズナブルで旨い。屋台は焼酎やビールが主体だが、ココはジーマが飲めるのがうれしい。しかも大瓶が500円だからお徳だ。

モツ煮込み

おでん 上品なやさしい味

串物絶妙な焼き加減

焼きラーメン

焼きラーメンはカタ麺をたっぷりの野菜とソースで炒めつけたもの。濃厚でうまいからさらに酒がすすんでしまう。

モチ魚揚げ

ラーメン500円

独特のかなり卵を練りこんだがっちり麺がすごく歯ごたえがよくて最高の味。独特の旨みがあふれるスープに絡む
この屋台の名物といえば、大将の麺投げパフォーマンス。湯きりをしながら麺が宙を舞う。お客さんのほうに麺を投げて、当る直前くらいで手を伸ばし湯きり網でキャッチ、とか危険な技も披露。見てるだけでも楽しいラーメンだ。
ちょっと塩分がきついので減塩がお勧め。
◆ 花山  福岡市東区箱崎 箱崎宮前 
箱崎宮の前に店を構える花山。この屋台はまず見かけから圧倒される。屋台が3両連結というマンモス屋台だ。一番宮よりの屋台で串焼きを、2両目でつぼ焼きを作る。3両目はなんと屋台らしからぬ座敷だ。ゴージャスだ。

壷焼きは中で炭を燃やし、石の蓋をかぶせる。そこで表面を焼き上げると共に中にも熱を通す。他では食べれない調理法だ。私が食べた壷焼き類はこの二つ。



*花山に行った時電池がなく、
仕方なく携帯で撮った。私にしては
よく撮れてる。
形態の写真機能の進歩も
すごいなーと感じた。
あの鳥 630円
あの鳥というメニュー。鳥の胸肉を壷焼きにしている。かなり焼いていて表面は丸こげ。これって失敗か?と思ったがいつも表面はこげて、包丁でこげた部分を切り落とす。出来上がったものは香ばしく中はしっとりしていてかなり旨い。表面はこげているが中は半生までいかないがちょっとピンクがかっているくらいのちょうどいい焼き加減。こういう料理があるんだとただただ驚くばかりだ。

豚足 350円

これも壷焼きメニュー。表面はこげているがあの鳥同様の調理法だ。中はしっとりまろやかクリーミー。そしてかなり香ばしい。


↑魚々串(トトクシ)
一番手前の黒いやつ。魚のみりん漬けをじっくり炭火で焼き上げる。最高
串メニューも充実。一本80円からという低価格でうれしい。塩は津屋崎の海から採った海水を煮詰め自ら塩を作るというこだわりぶり。ココのお勧めはシロとウインナーだ。ウインナーは自家製だ。それで150円はかなり良心的紀だと思う。

シロ90円

ウィンナー150円


焼きおにぎり

〆にはこの二品。おにぎりは手で適当に握っている感じがいい。形は悪いが味はいい。
ラーメンはすっきりしていてコクがある。久留米よりも太いような麺がちょうどいい。屋台らしく塩分が強いので減塩がお勧め。


ラーメン450円
小ラーメンもある
◆ 金絲猴(きんしこう)  福岡市中央区春吉

西安餃子550円
超本格中華、超高級な感じの中華をそこまで大枚はたかなくても味わえるお店。
ピリカラ系の炒め物には複雑にスパイスが絡み合って複雑な味わいが作られる。又塩味の物は逆にシンプルに素材の味を生かす。いい店だ。
バーミヤンとか王将よりはだいぶん高いけど、やっぱりその分手がかかってるよ。おしゃれでいい雰囲気で手ごろに旨い中華をくいに春吉に行こう。

ピータンとザーサイの豆腐サラダ

青梗菜とイカのニンニク炒め1,200円

マグロの白子

エビしゅうまい。エビが超プリプリ。クーポンのサービス品

牛カルビーの黒胡椒炒め

鶏肉と赤唐辛子の炒め


刀削麺
知ってる?麺を作る時にこねて固めたタネを伸ばして切るのではなく、こねたものを包丁で削ってちゃぷんちゃぷんお湯の中にぶち込んでいく。そうやって茹で上げる。従来の麺のような喉越しを楽しむより歯ごたえを楽しむような麺だ。

トマトと卵のスープ麺 600円
トマトの酸味がサッパリ感をだす。ちょっとイタリアンな感じのスープ麺。

黒酢のサッパリスープ麺 600円
これが一番おいしい。中華のまったり感があるが黒酢の酸味と甘味が程よくするするっといくらでも入る。飲んだ〆にこの上なし

豚肉と刀削麺の炒め 700円
コシがしっかりの刀削麺をこの店ならでは本格的な中華の腕でいためる。味わい深く、〆のはずがまた酒が進んでしまう一品
◆ 多牛  福岡市博多区  
焼肉でこんな最高の店はない。安い・旨い・煙い・暑い4拍子そろっている。安い焼肉屋より安いような値段で相当レベルの高い肉が食べれる。そのせいで5時半開店だが5時前から長蛇の列だ。定刻に来てもいつ入れるかわからないほどの混みようだでも一度行けばこの店の真価がわかる。
ただ、店内は本当に暑くて煙い。一応換気扇もエアコンもあるのだが、常時満席でキャパが追いついていない。うちわを渡されるのでパタパタさせて七輪で焼いて食べると言う風情まで楽しもう。
マジで煙い。そもそもこの店を見つけた経緯は、大橋から夜家に帰っている途中、車が急に煙に包まれた。そう、この店の前を通りかかったときだ。そして上記の通り人だかり。これは行ってみるしかないと思った。
裏には炭焼き場がある。

上ミノ 390円
ミノは超コリコリぷりぷり。味わい深い

豚肩ロース 390円 


野菜 300円
上カルビ 390円
カルビ、これがココの名物。一人2人前限定。柔らかくてトロトロ。刺しが入った一級品。これは見逃せない。写真は2人前。


上ロース 390円

すごい肉厚でふわっとしていてジューシー。まさに極上の豚ステーキだ。

 相当行列ができるので待合室のとしてこういうスペースがある。ただ、私が行ったのは夏。熱くてこんなところで待てない。
そういう時は、というか、営業前に行こう。私のお勧めは4時40分くらいに行って待合の名前を書く。そして竹下駅周辺を散策して、5時25分に帰ってくる。これに限る。東側には農村のような集落があるし、駅東側には川が流れ散歩コースがある。人生余裕を持って生きよう。
◆ とり藤  北九州市八幡西区香月
香月でもかなり裏通りにある店でわかりにくい。公団住宅の裏手に隠れた店。串はそこそこおいしくて、超超超激安。私が行ったときは、、クーポン使ったが、一人1,000円くらいだった。カクウチに行くよりココに行ったほうがいい。
すごくいい店だ。そして、大型ワイドのテレビ画面も特徴的。ワールドカップココで見ても面白いかも。
居酒屋地域別総合案内へ