12   温泉地域別総合案内へ 
◆ 不二の湯 
 熊本県菊池市 100円
これは超レア。熊本県菊池市のはずれにあるコンクリート屋さんの中にある温泉。お客さんの話によるとコンクリート工場を建設する際に井戸水を掘っていたら温泉が出てきたらしい。それで簡素なつくりではあるが地域の人たちにも開放している。泉質は相当いい。つるっとした水素塩泉で、においや味では塩や鉄も感じる。かなり隠れた穴場のようなところだがお客さんは結構多い。常連いわく、「行くなら午前中。午後からは多いから入れない」との事だった。これほどいい湯に100円では入れるとはなんという幸せ。
泉質 炭酸水素塩泉
泉温 45.2℃

入っていいの?不安になる

本業はバリバリ営業中

そこにぽつんと温泉小屋
◆ 薬王寺温泉 鬼王荘 (おにおうそう) 
 福岡県古賀市薬王寺81  092-946-3017
古賀の山の中にある秘湯薬王寺温泉。この辺は数軒の旅館がある。福岡の都心から車で30分くらいのところにある深い山に囲まれた温泉地は通に人気がある。お湯もよい。ここ冷鉱泉を沸かしているんだけど、これが飲んでうまいから、風呂上りに一杯ぷはぁ〜っって飲もう。
福岡と北九州の奥座敷を自称している。北九州まで入れるのは欲張りすぎ!とはいえ、ココの宿も歴史を感じる風情ある宿でなかなかいい。おかみさんがまた素敵で再度訪れたくなる

庭はきれいに整備されている。日本庭園的な池を作っているがここにはたくさんの黒い鯉がいる。ふつうこういう庭の鯉ってえさがもらえると思ってよってくるが、ここは逃げて隠れてしまう。なぜか。
それはここのお宿さんの料理は鯉料理が名物。この池に放している鯉を捕まえて料理する、その新鮮さがうりになっている。だからつかまると思って逃げるんだな。魚も結構賢いな。

個室でのんびりというのもいいな〜
◆ 薬王寺温泉 山の音 快生館系列
 1時間2,500円 夜7時ラストオーダーというかラスト入館
快生館がやっている家族風呂専門の温泉。快生館からずっと上のほうにあがり、鬼王荘の下辺りにある。ちょっと奥まっているからわかりにくいが、中は静かな山荘って感じだ。
お湯は薬王寺らしくさらっとトロッとした極上の温泉。誇らしげにPH9.6って書いてあった。木々に囲まれ誰にも邪魔されず、至福のひと時を過ごせる。値段は割りと高めだが、その価値有。福岡市東部から糟屋郡辺りの人はガソリン代使って遠くの温泉に行くと思ったらよっぽどいい。とにかくお勧めだ。

泉質 アルカリ性単純泉
源泉 29.5℃
◆ 薬王寺温泉 快生館
  福岡県古賀市薬王寺95 092-946-3311
薬王寺温泉街から下った所にある新しい温泉施設。ここは宿というより、立ち寄り専門の温泉センターである。露天や内湯、サウナなどもあり充実の施設だ。それでいてお湯は薬王寺のいいお湯だからすごくいい。
また、漢方の湯もあり なんか楽しい。でもこの漢方の湯、気をつけないと長いこと入っていると体中の穴(チンコを中心に)に激痛が走る。
ちょっとお湯に塩素が強かったな。
◆ 日平温泉 きんこんかん
 
貸し別荘をやっている
 記事準備中
◆ 垂玉温泉 国民宿舎南阿蘇 
 
垂玉温泉の硫黄はすごい。この温泉地に足を踏み入れた瞬間この辺が硫黄泉って誰でもわかる。そしてみて、この硫黄の白濁。しゃきっとつるつるのお湯は最高。
国民宿舎南阿蘇はお客さんもそんなに多くないのでゆったり入れてすごくいい。値段も手ごろ。すごいお勧めの温泉だ。
泉質 単純硫黄泉
泉温 65.5℃
◆ とろろ乃湯 
 大分県中津市耶馬渓町山移5927 0979-55-2080
 11:00 〜21:00 月曜定休  大人300円


泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 34.9℃

耶馬溪の山の中、農村の集落の奥にある隠れた名泉。名前はお湯に入ればすぐわかる、そのままの名前だ。おゆは相当とろっとろで、体が溶けそうだ。すごくいい湯だ。そして、露天は谷間のだんぼを眺めながらリラックス。
探すの大変だし、狭い道なので運転も大変だけど、探して行ってみる価値有。
温泉地域別総合案内へ