12   温泉地域別総合案内へ 
◆  湯平温泉(ゆのひらおんせん)上柳屋
 大分県湯布院町大字湯平1007番地 TEL0977−86−2104
 6:30〜21:00  入浴一人500円 貸切も大浴場も。 
昔から湯治客でにぎわったといわれる湯平。由布院から山奥に入って行った集落のようなところだが名湯でかつ老舗の温泉宿がひしめき合っている。
上柳屋もそのひとつで明治10年創業の老舗旅館。風情ある温泉に木々に囲まれた露天、最高のロケーションだ。
行くならどこでもそうだが日曜日の夕方がお勧めだ。土日楽しんでチェックアウトした後なのでお客さんが少ないことが多い。だからこの日も店の人が女湯っていう札をはずして、貸切の湯にしてしまった。
お湯はアルカリ性のトロトロ湯。温度もちょうどよく相当気持ちいい。
泉質 アルカリ性単純泉
源泉 75.5℃

加水・循環・殺菌あり。ちゃんと正直に書いてる。でもどうやったっていいものはいい。ココのお湯もロケーションも最高だ。源泉架け流しにこだわる必要はないと思った。
◆ 伊万里温泉
 佐賀県伊万里市  600円 家族風呂1,000円+入浴料
すごく大きな温泉施設。大きな大浴場と別棟で家族風呂がある。お湯は塩化物泉の超ツルツル名泉。
中には熱い源泉とぬるいおゆ、露天に歩行コーナー、電気風呂、ジャグジー。本当に設備がすごくよく整っている。
サウナだけでもスチームと遠赤外線と2種類あるくらいだからね。
1時間でも2時間でもゆっくりできる、ほんとうにいい温泉だった。
泉質
ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉
泉温
55.9℃
◆  塚野温泉
 大分県大分市大字廻栖野380  150円
大分市の山奥にある鉱泉。宿が3軒くらいある小さな温泉地。かなりマニアックだけど、すごくいいお湯がでる、お湯というより温度が低いから鉱泉か。お湯は塩分と鉄分が強烈なお湯で、ゆっくり肌が潤っていく。ちょっと他にはない珍しい感じだ。値段がたったの150円というのもうれしい。共同浴場のすぐ上に源泉があって、湧き水がこぽこぽと出ていてこれが飲める。味がまた強烈で鉄と塩の味としゅわっと強烈な炭酸。なんかそれぞれの成分が全部強烈ですごいな。
泉温 15.7℃
泉質 含二酸化炭素ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉
◆ 小郡市総合保険福祉センター温泉 満天の湯
 
小郡市にある総合保健福祉センター。市の社協なんかが入っている建物の奥にある温泉。そんなにいいところにはぱっと見思わないけど、この温泉が凄い。滑って転ぶ位のヌルヌル温泉。あまりの泉質に驚き。そのせいでこんなマニアックな場所にあるのに、お客さんでごった返している。
写真は大浴場が撮れなかったので、家族風呂を撮らせてもらった。大きな木のお風呂だ。
泉温 41.2℃
泉質 アルカリ性単純泉
◆  国見温泉 あかねの郷
 300円
豊後高田から国東半島中心部の山に登っていったところにある温泉施設。結構辺鄙なところに立派な施設。どうやらコテージとかあって泊まれるらしい。お湯は白濁した独特のお湯で、重たくて濃厚な泉質。写真には撮ってなかったけど、山の美しい景色が眺められる大展望露天風呂もある。ちょっとお湯が熱すぎた。
泉温 39.2℃
泉質 カルシウムー硫酸塩泉
◆ 折戸温泉
 大分県下毛郡耶馬溪町大字深耶馬字折戸2149番地   150円
宇佐から耶馬溪のほうに抜けていく道の途中にある温泉。大きな山道の途中にぽつんと、単なる集落のようにひっそりと温泉がる。入り口を入ると管理人のおばあちゃんがゴロゴロしながらテレビを見てる。そこで150円払ってはいる。このアットホーム感がすごくいい。お湯は硫黄のにおいと鉄分がきっちり効いてすべすべつるっつる。お湯が黄色っぽい。このお湯、完全にかけ流しで入っていたらごぼごぼってお湯が噴出してきて大量に流れていく。贅沢な温泉だ。二階には普通の家って感じの休憩室があってこれまたよい。こっちは別に料金がかかる。まあ何百円かだったけど。
泉温 44.8℃
泉質 単純泉
◆ 帆万里 汐さいの湯 
 山口県山陽小野田市大字津布田2631-2 0836-76-2828
 500円
瀬戸内の海を眺めながらのお湯を楽しめる素敵な温泉。ここは海鮮を楽しめる和食やさんで、むしろそっちが賑わっている。でもここ温泉が素敵、海水を沸かしたような感じで食塩がかなり強いお湯。つるんとする。ロケーションがいいからそれだけでうれしい。そういえばここの泉質はすばらしくて、汗疹(あせも)がすっかり直ってしまった。
泉質 食塩泉
温泉地域別総合案内へ