温泉地域別総合案内へ 
◆ 満願寺温泉 
 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺志津

鎌倉幕府ゆかりの温泉地。満願寺は1274年元寇一回目襲来、文永の役の際北条時定が国土安泰を祈願して建立した。

道端に温泉があり、地元の人が普通に利用している。ココに入ることも出来るみたいだが、かなり勇気がいる。ココは入浴というより洗濯とか洗い物をしている人をよく見かける。
ちょっと上流に上ったところに公衆浴場がある。ここでゆっくりぬるいお湯につかる事が出来る。柔らかくつるつるのお湯ですごく気持ちいい。混浴なので、女性にはやっぱり勇気がいる。でも100円。

泉質 アルカリ性単純泉
泉温 40度
◆  満願寺温泉 静泉荘 
 大分県玖珠郡九重町筋湯温泉

どばどばかけ流し
贅沢!
満願寺の老舗旅館。かなり風情のある建物で、浴室も広々としていて気持ちがいい。さすが満願寺というだけあって湯量が豊富でがんがんかけ流し。川にどぼどぼ流して行く。贅沢だ。温度もちょうどいい。
宿の前の川底を覗いてみたらぽこぽこと砂が波打っている。よくよく見ていると、温泉が湧き出していた。すばらしい自噴。これは湯量が豊富なわけだ。
◆  筋湯温泉 せんしゃく湯 
 大分県玖珠郡九重町筋湯温泉
鉄分が多いのがすぐわかるお湯。においも鉄だし、浴槽や排水溝などに赤い鉄分が付いている。ぬるぬるしてすごく気持ちいい。
筋湯の温泉街から少し下ったところにある共同浴場でこの岩の雰囲気もいい感じ。混浴。
この温泉、実は標高1,000mにある。驚いた。
◆  ゆのそ温泉 湯納楚温泉と書く
 0942-26-4568  15:00〜21:00
 大人380円 小学生170円 幼児60円

江戸末期、鴨が傷を湧き水で癒したいたのを猟師が見つけ、切り傷・胃痛・神経痛に効くことを知り、殿様にその水を治め続けたことが名前の由来になっている。今でも水が湧き続けていて、ロビーの一部がガラス張りになっていて、底から下をのぞくと湧き水をのぞく事が出来る。魚が泳いでいた。
ゆのそ温泉はその湧き水を沸かしたものだ。ジャンルは銭湯だが風情があってなかなかいい。
◆  あおき温泉 
 福岡県久留米市城島町上青木366-1  0942-62-1426  
 10:00〜22:00  定休 水曜  500円
元城島町長に教えてもらった名湯あおき温泉。久留米の西側、筑後川沿いにある温泉で合併前は城島町と言う町だった。
この温泉はとんでもなくぬるぬるで、温泉に詳しくない人が入っても誰が入ってもぬるぬるってわかる、ユニバーサルデザインぬるぬるだ。ノンビリ入って休憩室でごろごろしたりして一日過ごしたくなるような温泉だ。食事とカラオケもあるから、休憩室で寝れないので注意が必要。
泉質 含硫黄-ナトリウム−塩化物泉
泉温 65℃


←このカラオケ。これがすごい。誰かが歌って、みんな聞いている。そしてみんなで拍手。うまかろうが下手かろうが。
楽しそうだ。
◆  厳木温泉 佐用姫の湯 (きゅうらぎおんせん さよひめのゆ)
 佐賀県唐津市厳木町牧瀬34-2  0955-63-4126
 営業  11時〜21時  火曜定休   入浴400円
山間にある温泉センター。看板は立ってるけど、最初ココに来た時公民館かと思った。店構えからして営利に疎そうな感じの温泉センターだった。調べてみると市営で、唐津市のホームページに「唐津市厳木温泉佐用姫の湯条例」というのがのってた。大げさだなぁ。
お湯はさらっとしたお湯で、木綿でなでたような感じになる。人が多すぎないのでゆったりお湯につかれていい感じだ。
◆  熊入温泉 
 熊本県山鹿市熊入町72  0968−43−2799
 営業時間:11:00〜翌1:00  定休 第1・3水曜日

 料金:一室60分600円


山鹿温泉のすぐ近くの温泉。山鹿の近くだけあってかなりトロトロでいいお湯が出る。熊入温泉は温泉センターがあり、正面の建物が大浴場、裏に家族風呂の建物がある。安くてすごくいい。

家族風呂もわずか600円一人600円じゃなくてみんなで600円。すごい。

浴槽は普通のタイル敷き。脱衣所もアパートみたい。

でも温泉はお湯がよければオッケーかなりお勧めの温泉だ。この辺平山・山鹿・菊鹿などいい温泉ぞろいだが、熊入温泉にも行く価値有。
◆ 星の温泉館 きらら 
 福岡県八女郡星野村10780-1  0943-52-2082
 10:00〜22:00  定休第一火曜  大人500円

八女のお茶って有名だが、八女市だけじゃない。八女郡のこの星野村や隣の矢部村などもお茶が有名だ。休憩室ではそのお茶を無料で味わえるので、お茶を飲みながらボーっとしよう。
泉質 アルカリ性単純泉
星野村の山奥にある温泉施設。休憩施設も充実していてノンビリ過ごせる。外は美しい木々が生い茂る山道で、そのためかきららでは、温泉に入って散策して再入場できるような仕組みになっている。森林浴と温泉と、ゆったり一日を過ごすのに最適だ。
お湯はヌルッとすべっとで、すごく気持ちがいい。また露天は見晴らしのいいお風呂と、木々に囲まれたお風呂があって、どちらにしろロケーションもよし。ほんとうに文句なしの温泉だ。
◆ 湯の山温泉 
 広島県佐伯郡大字和田75-4
古くから鉱泉が湧き出ていて、1748年頃には広島藩主浅野吉長の耳にも入り、藩指定の湯治場になった。その湯治場の跡が色々残っている。旧湯治場自体に入ることは出来ないが、そこから今でも鉱泉が湧き出続けていて、それを打たせ湯にしてある。湯といっても冷鉱泉だから冷たい。夏場に行くか冬よーくあったまってから当らないと厳しいかも。
お湯はすごく柔らかくていいお湯だ。中で暖まって熱くなったら外の打たせ水で冷まして。ずっと楽しめる。風情もあるし、かなりお勧めの温泉だ。
この温泉外の男女の仕切りが適当で、半透明なプラスチックのトタンなのでうっすら向こうが見える。ドキドキするなー逆に。
泉温 23.6度
泉質 放射能泉

湯の山旧湯治場
◆  山鹿温泉 山伏  
 熊本県山鹿市中1028  0968-43-3340
 貸切 1200円〜1,500円
名湯山鹿の中でも特にリーズナブルで楽しいのがこの山伏だ。女湯以外全て貸切で、家族でのんびり楽しめる。

山伏は、源泉が二つある。ひとつは48度くらい、もうひとつは28度。その二つをブレンドしてちょうどいい温度になっている。露天の岩風呂でノンビリ楽しもう。お湯はぬるぬるトロトロ。美肌効果超ありそうだ。

山伏の特徴は貸切の一部屋一部屋に内湯と露天が両方あると言う贅沢振り。内湯にはブレンドのちょうど良い湯加減の湯と、冷泉と2種類があり、ブレンドする事で温度をさらにお好みに調節する事が出来る。

ぬるくして長時間はいればもう天国だ。
◆  ならのさこ温泉 いやしの湯 
 熊本県山鹿市鹿校通2丁目5−9 電話 0968−43−3321
 営業時間 AM10:00〜翌朝3:00迄 年中無休
 大人680円 子ども400円 家族湯1300円〜
山鹿温泉にある、ならのさこ温泉いやしの湯。
特徴的なのは、大浴場の歩行スペース。源泉そのままで温度の低いぬるくて深い浴槽があり、そこを歩いてリハビリなどが出来るようになっている。私はリハビリは必要ないが、ぬるいところにずっと入っているのはいいが、じっとしとけない性格なので私も歩いた。
お湯は山鹿らしいトロトロつるつるの名湯。↑ぬるいところだけじゃなくて熱い浴槽もあるので交互に入ってノンビリできる。

家族風呂が新たにオープンした。この家族風呂、中と外に浴槽があり、また、貸切なのにわざわざ各室にスチームサウナがあるという贅沢ぶり。それでいてたったの1,300円。超お得だ。温度も熱すぎずぬるすぎずほど良いので、時間いっぱいゆっくりはいろう。
泉質 アルカリ性・弱放射能・単純泉
◆ 幸徳温泉 
 熊本県
山鹿の辺りの温泉。一軒だけ三号線からちょっと奥に入ったわかりにくいところに建っている。けれども24時間営業で便利なのが魅力だ。
お湯はこの辺らしくアルカリ性単純泉のとろとろのお湯。浴場は広々としていて、300円は超お得。
家族風呂も2層式になっていて熱い源泉が上流から流れてきて上段のお風呂が熱く、下段の湯船はややぬるくなっている。自然に温度調整がすばらしい。そして当然源泉掛流し。贅沢だ。
さらに、10:00〜17:00まで入浴料金が半額になっていてさらにお徳。300円の入浴料がたったの150円だから驚きだ。

源泉 30.7℃
泉質 アルカリ性単純泉
◆  二日市温泉 大丸別荘
 福岡県筑紫野市湯町1丁目20-1  092-924-3939 立ち寄りなし。宿泊か会食の方のみ。
二日市温泉の老舗お宿。1865年創業。昔から歴史上の著名人や、皇室、そして天皇陛下も泊まられたと言う宿だ。湯気がすごくて写真がいまいちだけど、すごくいいお風呂だった。川底は浅いところと深いところがあり、深いところにはごろごろした石が敷き詰めてある。お湯がすごく綺麗で、二日市温泉でも他のところと違うんじゃないかって位。つるつるする、名湯だ。建物も庭園も素敵。福岡都市圏にありながら安らぎのひと時を味わえる、近場のリゾートだ。
泉質 弱アルカリラジウム泉
泉温 49℃

温泉名物卓球場までなんか高級。

おしゃれな客室

天皇陛下が使用された食器類
◆  二日市温泉 御前湯 
 筑紫野市湯町2−4−12  092-928-1126
 毎月第3水曜日・正月  午前9時〜午後9時  大人200円 子ども100円 
福岡の都心に最も近い名湯としてなじみの深い二日市温泉。高級な旅館などが立ち並ぶ中で地元の人に人気の大衆的な湯がこの御前湯だ。市営という事もあり料金はわずか200円。浴室は綺麗で広々していて、とろっとろのアルカリ性単純泉が魅力だ。
浴槽の上の段になっているところ(左写真参照)、ここは溝になっていてお湯が流れる。そして、ゆっくり流れてきて3つあるよくそうにゆっくり入る。それで熱すぎrうお湯ちょっとさめていい湯加減になっている。

風情ある温泉街

外観

大宰帥 大伴旅人の歌碑
◆  二日市温泉 博多湯 
 福岡県筑紫野市  200円
ここは結構新しい建物だが、伝統的な入浴施設らしい。お湯はかけ流しでちょうとろとろ。ノンビリ入って200円。すばらしい。しかも二階の広々とした休憩室も利用できてうれしい限りだ。
源泉 43.8℃
泉質 アルカリ性単純泉
◆ 二日市温泉 バーデンハウス 
 筑紫野市湯町  460円
二日市温泉のやや大きめの温泉施設。かなり広い浴槽とサウナ・スチームサウナと設備も充実。ゆったりと二日市温泉を楽しむことができる。値段もお手ごろでいい感じだ。でも二日市温泉って100円のところとかあって、安いからその中では高く感じてしまうんだな。でもいい温泉施設だから私は好きだ。
泉質 アルカリ性単純泉
泉温 46.5℃
温泉地域別総合案内へ