36 ラーメン地域別総合案内へ
◆ 植木ラーメン  福岡県直方市植木
 月〜金11:00〜14:45 土日11:00〜20:45

もやしラーメン640円
結構老舗っぽいラーメン屋。豚骨の臭みが結構強いが白濁していない、豚骨醤油ラーメン。草創期の豚骨ラーメンのような味だ。臭さとともにまろやかに甘くてすごくいい味わい。メンマも手作りでいい感じ。
さらに、餃子も値段に対してかなりボリュームがあっていい感じ。油をしっかり敷いてあってカリっとしてる。中身もジューシーでいい。
チャーハンは家庭的な味だが、それが食欲をそそる。なんか卵がたっぷり入っていてうまい。この店味もよくボリュームがあってすごいいい店だ。

餃子380円

焼き飯540円
◆ 桜梅桃李(おうばいとうり)  福岡県北九州市八幡西区木屋瀬 11:00〜22:00

冷やしラーメン700円
変わったラーメンをたくさん取り扱う店。人気の店で昼時はたくさんの人が。最初に食べたのは冷やしラーメン。しつこくなくちょうど良い脂っけと味わい深いスープ。ヒンヤリとしていて、そこにしまった麺が入っていてコレはいける。味噌ラーメンが旨いらしいから、それも食べてみたい。
九州味のラーメン(とんこつ)は私はあんまり好きじゃなかった。

野菜ラーメン550円
◆ めんや輝(ひかる)  福岡県糟屋郡粕屋町大字内橋405−13 092-622-4827

ラーメン600円
替え玉50円
ラーメンの専門店。ラーメンはかなりこってり、骨の髄まで溶け出したかなり濃厚なスープ。このド豚骨がすごくいい感じ。油はそんなに強く感じない。麺は極細麺。こってりをしっかり絡めとる。
ちょっと場所が悪いけど、すごく気に入ったからこれからもがんばってもらいたい店だ。

ちゃんぽん700円

あと、この店超旨いのがちゃんぽん。スープは豚骨の濃厚なやつだけど、野菜が入ることで甘みが出ると共にマイルドになってすごくいい。海鮮の旨みも加わる。麺が極太で伸びるタイプ。それをゆっくり食べて旨さを麺にしみ込ませて最高。
◆ 耕治  北九州市小倉北区

醤油ラーメン
昭和30年創業の老舗中華料理屋さん。東京浅草生まれの平野耕治という人が小倉の鳥町に東京ラーメンの店を開いたのがはじめ。東京大空襲で焼け出されこの地にやってきたという。
鳥町食堂街にあって際立つ高級感。ちょっと入るのに勇気がいる店だ。ラーメンで有名な店だが、メニューはラーメンだけでなく中華全般がそろっている。お勧めはやはり醤油ラーメン昔ながらのかなり懐かしい醤油ラーメン。東京でもこういう醤油ラーメン最近減ってきて、こってり個性はラーメンが増えてきているだけにいいかんじ。かなり濃厚な鶏がらスープに細い麺が入る。
そして麺類ではたんめん。西日本にはあまりないタンメンだが、ここのは耕治の超濃厚鶏がらスープを塩味で。そこに細いめんととろみのついた野菜。アツアツを食べる。塩味だけに濃厚な鶏がらを思う存分味わえる。
さらに中華一品もどれもかなり手が込んでいてよくできている。特に昔から看板メニューだったらしいシュウマイはすごい。ランチプレートで食べたが、肉と魚介の味わいと両方が詰まったジューシーなシュウマイ。これはかなり酒がすすむ。
どれも上質でとてもいい店だ。全体的にもう少し安ければ文句ないけどな。結構高級な中華だ。

たんめん1050円
◆ 龍龍軒  福岡市博多区博多駅前
「とんこつスープの革命」として1990年代に一世を風靡したラーメンチェーン。東京にも支店を持つ。2000年代に入りめっきり店舗を減らしたが、博多駅前の店は相変わらず人気がある。かなり独特のスープ。油がきっちり分厚くういているこってり派。白濁したスープは豚の臭みが程よく漂う。でもやっぱり油が邪魔するから私はあんまり好きじゃないかな。でも独特の味なので、好きな人ははまるとおもう。ラーメンは500円。それを注文すると替え玉が無料なので、たくさん食べる人には特にお勧めだ。
ラーメン地域別総合案内へ