13  うどんそば地域別総合案内へ
◆ 紫陽花(あじさい)  山口県山口市

親子丼500円→
トロトロとゆるーくとじられた親子丼。食感は絶品。カツオの深いダシが聞いてものすごく旨い。饂飩に丼に、どちらも旨いいい店だ。セットメニューも色々あるよ。
釜玉うどん450円
讃岐うどんのお店。山口市内のアーケードのすぐ近くにある。あんまり人が居ない商店街周辺でたくさんのお客さんを集める人気店。人気の秘密はこの麺の旨さ。かくっと角があってほどよくコシがあるうどん。小麦がぎっしり詰まっているって感じだ。釜玉でそのまま麺の味わいを楽しもう。ダシも醤油がいい香りで、玉子がまろやかさをだしていい感じだ。
それと親子丼。これがまたいい感じ。
◆ そじ坊  全国各地 

にしんの甘露煮400円
とソバ焼酎410円 もう最高!
手打ちうどんでおなじみの杵屋系列の飲める蕎麦屋さん。飲める蕎麦屋ってしょうもなくて高いことが多いけど、ここのはちゃんとお手ごろでそこそこ旨い肴が出てくる。焼酎の見ながらつついて、ソバで〆る。
まずはにしんの甘露煮。こういうのってつまみにいいんだよね。しかも安っ!ちゃんとたっぷりあって。蕎麦屋さんだからソバ焼酎を飲みながら摘む。
それから出し巻きが、結構ボリュームあり。トロッと中が半熟でうまい。
天ぷら以外にもちょっとした小鉢も200円くらい出揃っていてカジュアルに飲める蕎麦屋という事で私は凄く気に入っている。
このお店ウリはソバ。そばは冷やしから。冷やしはわさびが付いているが、なんとこの店、わさびは根っこのまま出てくる。それをおろし金を使って自分でする。

出し巻き玉子390円
その香りだかいわさびを
◆ よりや
  福岡市中央区薬院

鰆甘辛煮600円
薬院で五島うどんが食べれる店。でかつ、つまみメニューが充実しているので私の好きな飲めるうどん屋だ。全体的に味が濃いからおかずにするか、酒のあてにするのがいいメニューがおおい。
まずこの日のお勧めメニュー鰆甘辛煮。これすごくうまい。旬の鰆を煮付け、味わい深くしている。歯ざわりもほこっとしていていい感じ。作りおきだけど、まあこういう店で摘むにはすぐ出てくるしいいかな。それがこの値段なのに凄い量。ちょっと最後らへん飽きてきたくらい。
あと、豚もやしが相当おいしかった。豚の脂ののりが強烈で、私は好きだ。
あと丼物もいろいろあるが、私は技術差の出る玉子丼を食べてみた。これはとろんとしていなかなかいい味。でもやっぱり味が濃いな。
それに対して五島うどんはあっさり薄味でいい味わいだ。五島うどん独特の丸みを持った細麺はしっかりとしたコシがあってうまい。アゴ(トビウオ)だしの汁とよくあう。ここの五島うどんは本場から仕入れている上質の物らしい。
ランチに、仕事帰りの一杯に使える店だ。

豚バラもやし炒め480円

五島うどん玉子丼とセットで630円

◆ くろ麦  福岡市中央区薬院2−4−5 大稲マンション1階  092-713-9662
 11:00〜14:30 17:30〜20:30 水曜定休
おしゃれな蕎麦屋さん。ソバだけじゃなくてアテがたくさんあって飲めるようになっている。
やや高級なお店だが、ランチは凄くお徳。そばと丼物がセットになっている。
ざるソバは細い麺でソバらしい味わいを凄く味わえる。芯はしっかりしているけど、口の中でぽろっと崩れる感じの食感が凄くいい感じ。食べ終わったら栄養満天蕎麦湯も飲む。
あったかいそばも、汁の上品な味わいにそのソバが馴染んですてき。
あと、この店丼ものがすごくうまい。玉子丼はトロトロの玉子に上質なダシの風味。ご飯がサクサクいけてしまう。
それと珍味的丼ものがかき揚丼。単にエビだけをかき揚にした物なんだけど、なんか信じられないくらいサクサク、ぽろっと崩れるその食感がたまらない。天つゆの味も凄く良くて、酒がほしくなるいい味わいだ。
極論だけど、この店ソバやだけど丼者のほうがうまい。
◆ めん太郎  熊本県水俣市

鍋焼きうどん840円
水俣の中心地にあるうどん屋さん。この店のうどんそばはすべて手打ちで、スープも天然素材のみを使用と書いてあった。確かになかなかうまい。
私が気に入ったのは鍋焼きうどん。具材がたっぷりで、やさしい味わいのスープに野菜とか肉のうまみが溶け込んでいい味わいに仕上がっている。麺もいい感じで、まあこの値段でいいかなって感じだ。
水俣って食べるところが少ないからありがたい店だ。
天丼もうまかった。ほんのり甘い天つゆもいけてる。

かけそば525円

天丼(そばとセットで995円)
◆ 蕎麦切 桜花  福岡県糟屋郡篠栗町

つまみ三種840円
篠栗にある小箱系のおしゃれな飲める蕎麦屋さん。店内は二つのテーブルと5席のカウンターのみ。
旨い焼酎や日本酒が色々とあるのでそれを注文する。そうするとお通しで豆腐が出てくる。この豆腐が濃厚な味わいで旨い。醤油かけずにちびっと摘んでお酒をグイっ。いかん。つまみが来る前にガブガブお酒を飲んでしまう。
あとはおつまみ三種盛。これ何が入るか、季節によって、店長の気分によって変わる。だから面白い。この日食べたのはホタルイカの沖漬けとさつま揚げとイカナゴの釘煮。ホタルイカはなんか濃厚で独特の甘みと酸味があっていつもと違う感じだった。それよりうれしかったのがイカナゴの釘煮。明石の名物。イカナゴという小魚をしっかりとした生姜で煮込み、醤油でしっかり煮付けた郷土料理。つまみにすごくいい。
それと替わったつまみはそば一銭焼。これはそば粉を使った一銭焼。シンプルに鰹節とノリ、醤油をかけてさっぱりいただく。天ぷらもすごく油が良くて揚げ具合も良くていい。でもちょっと値が張るので、つまみと〆と兼ねて、天丼にしたらいいかも。うーん最高。贅沢な飲み方だ。

ミニ天丼520円

蕎麦一銭焼630円
かけそば
メインは蕎麦。すごくさっぱりとしたスープは甘みがあって上品ですごくいいダシが出ている。そばは風味が良いいけどこれまたさっぱりしてていい感じだ。飲んだ〆に本当にいいそばだ。
うどんそば地域別総合案内へ