7  うどんそば地域別総合案内へ
◆ 長住うどん  福岡市南区長住 
大都会の真っ只中、高級住宅地が密集する場所に建つうどん屋さん。この土地に駐車場があるのもうれしいが、味と値段の安さは本当に驚かされる。具が乗って390円。すごい。
にらとじそば390円
この店うどんよりそばのほうがおいしいと私は思った。ダシはあっさりしていてすっきり飲める。この辺で飲んで〆るのに最適。そばのもっちりした食感相まって絶品。具のにらとじがまた、なんともマイルドで。もうたまらん。

ごぼう天うどん390円
うどんは、コシがあるうどんだが引きがない、表現するならサクサクした(実際にはそこまでないが)食感のうどん。好き嫌いが別れるうどんだが私はすごく好きだった。大体酔っ払ってコシと引きがあるうどんは疲れる。ココのうどんなら歯ごたえを楽しみながら歯ざわりを楽しみ、文句なし。
あ、飲んだしめを前提にしてすみません。
◆ 喜十郎  福岡県糟屋郡久山町 
ごぼう天うどん260円  地鶏飯130円
そこそこ旨くてでたらめ安い。それがこの店だ。うどんはダシが弱めだがあっさり食べれ、手打ちっぽいまわりフワフワでコシのあるうどんがいい感じ。
また、地鶏飯も普通に炊き込みご飯で旨い。
それら両方食べてたったの390円。ありえん。それでもって量もすごく、うどんも地鶏飯も普通の店の1.6倍くらいの量がある感じがする。食っても食っても減らない。これはお得だ。間違いなくお得だ。だから昼時は大人気。でも店の人の手際がかなりいいので混まない。私のようなサラリーマンにはこの上ない店だ。
◆ 福岡麺通団  福岡市中央区渡辺通4-11-3-1F 092-732-0537 
 11時から24時まで(日祝日は22時まで) 年中無休
「讃岐うどん大使」と看板に掲げ、讃岐のセルフ店スタイルで営業している。店に入り、お盆をとって、マズはトッピングを選び皿に載せる。その後うどんコーナーで好きなうどんを注文する。
私はうどん食べる前にまずは飲むのでジャコ天とコロッケ、焼酎を注文した。こういうものをつまみながらノンビリ飲むのってすごくいい。お金もかからないし。

かまたま340円
その後うどんを注文。讃岐うどんの基本といえばこのかまたま。揚げたてあつあつの麺に生卵と生醤油を絡めて食べる。麺本来のうまさをあじわえるすごくいい食べ方。以前讃岐の製麺所でも食べたがやっぱりうまい。
そしてこの店醤油がすごく旨い。香がすごく強い醤油が麺に染みる。
麺好きの間でうわさになった麺通団だが、さすがといえる味わいだった。

名前忘れたけど、納豆とおくらと卵を入れたねばねばしたうどん。
これがまた絶品。にゅるっとした食感とあっさりほんのだし。歯ごたえのある太い麺がずるずると食べれる。夏でも食欲がわいてくる一品だ。
セクシーな味って店に書いてあった。

揚げ物つついて焼酎

おでんもほんのりうまい

西鉄薬院と天神の高架下にある。
◆ 愛菜館  長崎県雲仙市千々石町庚1280−1  0957-37-2465
 10:00〜17:00  定休日 月曜日 

千々石の山奥にある農家レストラン。畑作業の体験とかソバうち体験とかできる橘ファームがやっている。
この店のよさは、まずは素材。ソバと親子丼に入っている卵がすごくうまい。生で食べないともったいないほどのもので、親子丼は半熟でとろんとしていて最高。たまねぎも鶏肉も上質で言うことなし。

ソバは自分のところで育てたそば粉を使って手打ちしているらしい。そばの香りが強烈に聞いてすばらしい味わい。口から鼻に香りが抜ける。

値段もそんなに高くなく、いろいろと上質のものが食べれるので、あんまり外食スポットがない千々石ではお勧めの店だ。
◆ 丸亀製麺所  各地
全国チェーンの讃岐系うどん屋さん。スタイルも味もまさに本場讃岐の味。讃岐のセルフスタイルで、カウンターに並び、基本のうどん(ぶっかけ・汁・冷やしなど)を選び、トッピングを自分で載せてお会計。
麺はしっかりとしたコシがあり、絶品。フードコートって昔はあんまりおいしいところなかったけど最近馬鹿に出来ない。その辺のうどん屋さんで食べるよりよっぽどうまい。

カレーうどん
◆ Aコープあさくら  福岡県朝倉市 

ごぼう天ソバ370円
地味に旨い。
大分自動車道朝倉インターすぐそばにJAあさくらがある。大きな農協オフィスや地場の物産館、農業施設などが集まったところだ。そのなかにあるのが「Aコープあさくら」といううどん屋さんだ。Aコープって田舎の人は知ってると思うが、農協のやってるスーパーの名前だ。なんでこんな名前?
そばもスープも気取ってなくて素朴な味わいで、どんどん食べれる。食べ始めは大した事ないなと思ったが食べてるうちに箸が止まらなくなる。素朴と行ってもスープの旨みはちゃんとしっかり。
気づいたら汁まで完食!やっぱりこういう変に色々入れないうどんそばのほうが最後までおいしい。
あとトッピングが特徴的。海老天というのもかき揚げで、たっぷり入っていて、スープにもう一味アクセントがつく。ごぼう天のもしかり。

並海老天うどん370円
◆ べふ峡温泉  高知県
ぼたんうどん600円
山の中といえば名産がない・・・じゃなくて山菜とイノシシ。その両方が入っているうどん。
別に究極のうどんじゃないが、あっさりしたスープにややコシがあるスタンダードな麺がややいい感じ。トッピングのイノシシが歯ごたえがあって脂身に甘みがあってすごくおいしかった。

ぼたんソバ600円
ここはソバやね。ふと平麺のソバはかなり独特で、すごいもっちり感がある。この辺の名物かな?
こういう観光地系でまあそこそこの値段でそこそこ旨いものが食えるのがうれしいな。
◆ 北の庄  福岡県田川市かな? 


カツどんは普通に旨いカツどんだけどこのボリュームでこの値段はうれしい。付いてくるうどんが旨いんだな。
具だくさんうどん520円
昼食不毛地帯と思われた田川南部。田川市街まででないと食うところないかと思ってさまよっていたらあったあったこのうどんや。うどんは細くてつるつるで程よくコシがあって独特のうどん。値段も手ごろでうれしい限りだ。
店内もおしゃれでお客さんがわんさかいて活気があった。

カツどんセット760円
◆ こまどりうどん  福岡市早良区 

かき揚げうどん390円
早良区の名店こまどりうどん。けっこう早良区に何店舗かある。
というとみんな大した事ないだろうとか思うんだけど、すごいうまさ。
麺は周りがかなりふわふわで博多系?と思ったら中は結構コシがある。博多系と筑後系のあいの子みたいなうどんだ。スープも協力にダシが効き、それでいてすっきり、塩分も控えも。ゴクゴク飲んで完食だ。

かき揚げうどん390円、これはすごかった。エビがゴロゴロ入ったかき揚げで旨み倍増。

韃靼ソバはモンゴルの少数民族「タタール族」の貴重な栄養源として食べられていたそばだからなまって韃靼ソバ。ちょっと黄色がかっていて旨みが濃厚。ルチンが普通のソバの100倍。すごい!すごすぎる!なにがすごいかって?知らん。興味があればルチンを調べてみよう。
まあそんな旨みが強いそばを硬く茹でてずるずるっといただく。喉越しなんか楽しんだら損だ。ゆっくりかんで旨みを味わおう。
でも喉越しもすごくいい。う〜ん困った。どう食べようか。

韃靼ソバ580円
◆ 川端うどん  福岡市博多区 
かけうどん350円
手打ちの太い平麺は絶品。モチモチとしていて程よくコシがあり、表面はつるつる。きし麺ともちがう独特の麺。ダシはしっかりと取られたカツオスープ。それらが相まって最高の味わいになる。
この店のこだわりはうどんを茹でたてで提供するという事。ふつう茹でておいて注文があったらそれをさっとお湯をくぐらせてできあがりって感じだがここはちがう。一度ずつ茹でてアミですくって提供7分待たされるが、待たされた時間だけ本格派だと思う。
うどんそば地域別総合案内へ